パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

娘の夏休み

娘は6歳の時、この山でポニーに乗る事を覚えた。

以来乗馬は、南仏アルプでの最大の楽しみになっている。

日本で《 乗馬 》と言うと、リッチ~!と驚かれるけれど、フランスではバレエやピアノを習うような感覚。

特に、農牧の盛んなフランスの田舎では、馬が身近な存在なんですよね。

山岳地帯の移動に馬ほど最適な手段はない。(乗れる人には...)
•燃料補給 : 牧草は何処にでもたっぷりある。
•廃棄物 : 馬糞は最良の肥料。

オートバイはうるさいし、
•燃料補給 : ガソリンスタンドが無い!
•廃棄物 : 排気ガスが空気を汚す!

そして、馬は人間の友達である事。
図体はデカいけれど神経の繊細な馬が
怒られうなだれたり、
褒められて喜んだり、
撫でられて甘えたり、
実に可愛いい。



四平を壁に囲まれたパリの乗馬練習場と違って、山では馬も人も空の下でのびのびとしている。


駐騎中の、右から馬・ダブルポニー・ポニーのみなさん


一仕事終えてくつろぐみなさん

今年の夏は朝から晩まで馬三昧の彼女。
乗るだけでなく、馬の世話や馬糞集めまでもを、毎日嬉々としてやっている。

集めた馬糞はご希望の方に無料でサービス


普段ぐうたらしている姿とは大違い!




 クリックに感謝 Merci

| ・アルプス | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/85-1c353ce9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT