FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住29年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暮らす人のブルターニュ

パリから格安長距離バスで6時間半、
ブルターニュのサン=マロに到着。

先ずは腹ごしらえと城壁内を彷徨い、
小ぢんまりした店でムール&ビール。

fc2blog_20181006080745c05.jpg


生牡蠣はカンカルまで我慢する事に。


お腹いっぱいになったところで、
城壁前のバスターミナルで1系統、
駅で5系統の路線バスに乗り換え
カンカルを目指した。


201810061829328b2.jpeg

カンカルの海は、
引き潮で牡蠣の養殖場が丸見え!!!

宿泊はご存知BREIZH café 本店。
地上階のクレープ屋さんの上に、
星付きの和食屋さんがあり、
その上が宿泊施設になっています。


20181006184030393.jpeg


私達が泊まったのは、
最上階の二間続きのファミリータイプ。
主寝室に子供部屋が付いていて、
ベッドの数はダブル1・シングル4。
子供4人連れって、フランスには結構多いんです。
同じ親から生まれた4人兄弟の他に、
再婚カップルの腹違い種違い兄弟・
再婚カップルのの連れ子などなど。



磯の香りに誘われて外へ出ると、
船着場横の牡蠣市場で
人々が生牡蠣を美味しそうに飲み込んでいた。

20181006182938452.jpeg


サン=マロ在住のYUさんが、
観光案内をしに来てくださった。
海沿いの道県道201号を走っていると、
白い砂浜の海岸や
出島に聳え立つお屋敷、
戦時中にドイツ軍が築いた要塞と
そこから見える雄大な景色が美しい。

目の前を横切った優雅な帆船は
貸切観光用カンカレーズ。

20181006182933617.jpeg

見えるかな?
帆の先っぽ地平線の上にある小さな三角形は、
モン・サン=ミッシェルです。
写真をクリックして大きくして下さいね。




途中ごYUさん一家の農場へ、
ペットの子ブタちゃんに会いに行った。
絶滅危惧種のバスク豚達は、
ママンYUさんを見つけた途端に、
耳をパタパタしっぽフリフリ走り寄る可愛さ。





その彼らを餌で手なづけ
ハートを射抜かれた ワタクシ。




サン=セブランに
YUさんの次男君を迎えに行き、
ガロ=ローマ時代の遺跡
【ダレの中世教会】見学。

20181006190955dcc.jpeg

ここで歴オタの連れが、
中世へタイムスリップしていた(笑)。



そして招かれたYUさんのご自宅。

黄昏の柔らかな日差しが差し込む
海岸に面した出窓空間は、
まるで小説のワンシーン。
勝手にヘミングウェイの間と命名させて頂く。

201810061909530dd.jpeg


アペリティフのグラスを傾けながら
沈みゆく夕陽を見つめた夢のひと時。

20181006190954130.jpeg




こんな生活もあるのね~。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・ブルターニュ | 14:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一行読むたびに頷いちゃった。
ウンウン、6時間半のバス旅の後ではビール飲みたいよね〜。
でも、次のバスもあるから当たるとやばい牡蠣は避けたのね〜とか(笑)。
ブレッツカフェの本店はそんな風になってるんだとか。
意外と小さいし。
和食屋さんが入ってるっていうのも意外だし。
イギリスにはセントマイケルズマウントって、やっぱり引き潮になると歩いて渡れる島があるのよ。
絶対フランスの方が本家だと思うけど(笑)。
あ〜、いいな〜〜。夕日美しいな〜〜〜。
可愛いブタちゃんはダメだってば。
豚肉食べられなくなっちゃうもん!(笑)

| 愛されている妻 | 2018/10/06 14:42 | URL |

生牡蠣いいなぁ~~~!!

むかーし市場で子豚ちゃんを売ってて、娘の「買って~~~」攻撃に遭った事があります。
とても飼えないので却下しましたが、あの時の娘の大泣きを思い出します。

こんな出窓で時を過ごしてみたいなぁ。

| ree | 2018/10/08 16:55 | URL |

あー、いいですね〜。読んで旅気分を味わっています。
「暮らす人の」その土地を知るのは旅の醍醐味ですよね。
それにしてもYUさんのご自宅、素敵です。子ブタちゃんらぶ💕

| 麻 | 2018/10/09 08:47 | URL |

妻さま

v-232 ブレッツカフェ本店1階の和食は、
星も付いたのよ〜。
お値段もそれなりなので、
まだ足を踏み入れた事はないけれど…。

バスの長旅を理由に昼間っからビール。
またこのムール貝が美味しくてね、
ガツガツ食べちゃったわ
と言ってもムール貝を食べる細かい作業は、
しているだけでも満足感得るよね。

>イギリスにはセントマイケルズマウントって、やっぱり引き潮になると歩いて渡れる島があるのよ。
>絶対フランスの方が本家だと思うけど(笑)。
へぇ〜。
どんな所なのかな?
何があるのか気になる!

自分家の窓から海に沈む夕陽を見れるし、
庭から砂浜直通だし、
農場へ行けばペットの子豚達が駆け寄って来る、
夢の生活だよね〜。
本当に、しばらく豚肉食べれないわ。

| pcommeparis | 2018/10/14 19:37 | URL |

reeさま

v-232 ニコちゃんが子豚買って攻撃する気持ち、
分かるような気がします。
だって無茶苦茶可愛いんだもの!
餌をあげると一発で懐くし(笑)

>生牡蠣いいなぁ~~~!!
いいでしょう生牡蠣⁈
またこのシチュエーションが格別で…。

>こんな出窓で時を過ごしてみたいなぁ。
この出窓もいいでしょう⁈
夕陽を見ながら夢のひと時でした。

| pcommeparis | 2018/10/14 19:42 | URL |

麻さま

v-232 在仏中、カンカルには行かれましたか?
日本人の私達にとっては、
建物の景観こそ違うけれどデジャヴ的な場所です。
牡蠣のタネは日本産なんですって。

>それにしてもYUさんのご自宅、素敵です。子ブタちゃんらぶ💕
この出窓、素敵ですよね〜。
子豚ちゃん達も懐いてくれて、
連れて帰りたくなりました。

| pcommeparis | 2018/10/14 19:49 | URL |

カンカル、行ったことないんですよ。考えてみればリヨンから南ばかり行ってました。😅
でも、デジャヴ的なってわかるような気がするー。
ドイツに来てからオレロンに行きましたが、オレロンの牡蠣も日本のだそうですね。
牡蠣、好きなんですが、どうも大人になってからアレルギーが出てしまい…😭人生の楽しみがひとつ減りました。

| 麻 | 2018/10/15 10:14 | URL |

麻さま

v-232 そう言えば麻さんはリヨンでしたものね。
うーん遠そう。
もしいらしていたらあの懐かしい感じが、
絶対にお気に召したと思います。
牡蠣が食べられない不運だけを除いて…。

牡蠣アレルギーは一度なってしまうと以後ダメと聞くので、
私も祈りながら食べてます。
と言っても食べ始めると夢中になって忘れますけど(笑)

オレロンの牡蠣日本種なんですか?知らなかったー!
きっとカンカルと同じ時に全滅したのかも知れませんね。

| pcommeparis | 2018/10/15 13:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/520-ff38e216

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT