パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

13区の中華街から少し外れたタイ王国



観光地化している故郷横浜のとは違い、
普通に中華系が集まっているだけの
パリ13区中華街

本日もRMさんの案内で、
タイ料理を食べに行った。

オリンピアード近くのオススメ店は
1ヶ月の夏休みで閉店中だったので、
そこから歩いて5分の距離の
もう一軒へ行く事に…。

しかし
5分で辿り着くのは無理だった。

だって途中通った道が、
Lovely 可愛すぎるんだもの~。

こことか


ここ。


突然迷い込んだパリの小径で
感動に思わず立ち止まる私達。

それを微笑みながら追い抜いて
小径の中程で消えたおじさま。
ご自宅の庭に通ずる扉を
開け放していた。



私がオズオズと、
あの~、スミマセン。
中を覗いてもいいでしょうか。。。

と尋ねたら、
そのつもりで開けておいたのですよ。
と爽やかに笑い、
異邦人を招き入れてくれた彼。

プライバシーの撮影は遠慮した。
本心は凄く撮りたかった~!
ローズマリーの薫る庭には、
母屋と別に小さなアトリエと東屋、
実を付けた葡萄棚とイチジクの木、
ブランコと鶏小屋がある。

家の庭に面した部分は
全面ガラス窓ドアになっており、
外付けの螺旋階段があって、
金属部分は全て
翡翠色のペンキに塗られている。

気が向くとこうやって、
見知らぬ人にも庭を見せては
会話を楽しむという。

帰りしなにローズマリーの葉先を
ポキポキと折ってお土産にくれる
粋なおじさまだった。
年齢は近いかも!だけど。
彼によるとこの小径は以前、
職人さん達が暮らす
非常に質素な通りだったらしい。

さて、
行では辿り着けなかった
肝心のタイ料理のお店。



美人のお嬢さんがテキパキ働く、
家族経営の和み。



タイの優しい家庭料理が食べられる。
何故かメニューにある
シンガポール発海南鶏飯も
私にはとても懐かしい。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アジア料理 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この記事は小説?それとも映画?
というくらいお写真も文章も美しくて…
通行人に見せたくなるくらいご自慢のお庭なんでしょうね。
門の奥に見えるおじさまのお庭、私も入ってみたいー‼︎

タイ料理ってカレーかヤムウンセンしかしらないけれど大好物です!
家庭料理も酸っぱ辛い味付けなんでしょうか?

| ジジママ | 2017/07/28 12:42 | URL | ≫ EDIT

オープンガーデンって、イギリス的!
丹精込めた自慢の庭を他の人にも愛でてもらいたいもんね。
自慢したいもんね!
そして、素敵なお庭をタイミングよく見せてもらえてラッキーだったね!!!
タイ料理はたまに食べるけど、本格タイ料理、スマトラ沖大震災@プーケット以来行ってないかも。
って、もうあれから13年も経ったってびっくり〜!

| 愛されている妻 | 2017/07/28 14:19 | URL |

いいですね~、そんなおじさま!!
中華街があるんですね。
こちらは中国人の数より多分ベトナム人が多いと思います。
ベトナムレストランが並ぶ通りがあるんですよ。

前記事の頂いたお返事ですが、ここって観光地であって都市ではなく、住む日本人は海外赴任が永住者より多いんです。
日本人経営のレストランそのものが5件しかないんですよ。
他は全てチャイニーズかコリアン経営なので、日本レストランについてはその5件しか我々日本人は日本レストランだと思っていませんし、その5件についての評価は既に知れ渡っているんです。

| ree | 2017/07/28 17:39 | URL |

ジジママさま

e-361 読み返すと恥ずかし〜〜〜〜e-330
このブログを書いたのは
御庭拝見した直後だっだので、
まだ酔っていたんですね(笑)。

> 通行人に見せたくなるくらいご自慢のお庭なんでしょうね。
気が向くと…とおっしゃっていたので、
私達は運が良かったのでしょう。
桃源郷と言った感じお庭でした。

> 家庭料理も酸っぱ辛い味付けなんでしょうか?
そうですね〜、
甘酸っぱ辛い物が多いかな。
結構さっぱりしていて、
暑い時に食べたくなる味なんです。

| pcommeparis | 2017/07/30 17:06 | URL |

妻さま

e-361 イギリスのオープンガーデン知らないんだけど、
こんな感じなのかな?
お庭にも人柄出るよね。
おじさまのお庭は、手をかけていない風に手を掛けてあって、
自然体に見える様に緻密に計算されてる。
その辺はかなりフランス人的とも言える(笑)。

> 丹精込めた自慢の庭を他の人にも愛でてもらいたいもんね。
> 自慢したいもんね!
自慢だろうな〜、あの桃源郷は。
見せて貰えて本当にラッキー!!!

> タイ料理はたまに食べるけど、本格タイ料理、スマトラ沖大震災@プーケット以来行ってないかも。
> って、もうあれから13年も経ったってびっくり〜!
そう言えばそうだった〜!
妻さまの旅ハプニングのバラエティさには毎回、
「良くぞご無事で…。」って思うわ。
強い星の元に生まれているんだね、妻さまは。

| pcommeparis | 2017/07/30 17:20 | URL |

reeさま

e-361 うへへ。
なんかかなりラッキーだったみたいです。

> 中華街があるんですね。
この13区の中華街もどちらかと言うとベトナム系です。
でもパリ市内あちこちにプチ中華街か出来ていて、
そっちは圧倒的に本土系。
本土系はすごい勢いで増えています。

> 前記事の頂いたお返事ですが、ここって観光地であって都市ではなく、住む日本人は海外赴任が永住者より多いんです。
> 日本人経営のレストランそのものが5件しかないんですよ。
> 他は全てチャイニーズかコリアン経営なので、日本レストランについてはその5件しか我々日本人は日本レストランだと思っていませんし、その5件についての評価は既に知れ渡っているんです。
日本人旅行者多そうなのに、
日本人経営の和食店が五軒て少ないですよね。
アメリカ人には違いが分からなくても、
私達の舌はナンチャッテ和食を認めませんから!
それだけ少なければ、Instagramに頼る必要も無いのでしょう。
って言うか、
その五軒、お値段高そ〜!!!(笑)

| pcommeparis | 2017/07/30 17:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/453-64a09cc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT