パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【今度はベルリンのクリスマスマーケット】続くキリスト教関連を狙うイスラムのテロ。

通り掛かりで結構です。
ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


ニースの海岸で行われた花火の見物客の群れに一台のトラックが突っ込み、300名近い死傷者が出たのは2016年7月14日パリ祭の夜だった。

定年退職したカトリック宗教者達が穏やかに暮らしていた、モンペリエに近い小さな町の専用特別老人ホームが襲われたのは先月の24日。

カトリック教会で日曜のミサの真っ只中に、25人以上が爆死50人以上が重軽傷を負ったのは、今月11日エジプトのカイロでのテロ。

そして昨夜、ベルリンのクリスマスマーケットに、再びトラックが突っ込んだ。
テロ犯と見られたのは、2015年12月にシリア難民に紛れ込んで入国したパキスタン人。
トラックを運転していた人間ではなかったということで、↑彼は後日釈放されました。

ドイツのメルケル政権と一緒に、両手を広げて難民を迎えた人道的社会派フランスのオランド政権。
最終目的は正しくとも、あの様に安易な形でイスラム圏との国境を大きく開けた事で、テロのリスクが高まる事を意識しなかった政府関係者がいなかったは思えないんだけど…。

ま、どちらしても、常にボディガードに護られる政治家の皆さんに政治生命の危機感はあれど、本当の意味での命の危険はあまり無さそう。
これまでの直接の犠牲者は市井の民ばかりだものね。

フランスの厳戒態勢は延長され、パリの街中には迷彩服で銃を抱える軍人さんが闊歩している。
シャンゼリゼのクリスマスマーケットには、お馬のお巡りさんもいるらしい。


メトロで配布される無料新聞、Direct Matinから拝借しました。
Direct Matin サイトの[Le journal du jour]ボタンから、
本日の新聞(仏語)がダウンロード出来ます。


うちを出て10m歩いた角をまがった道でも、迷彩服の軍人3人組に出くわす。
近くに護ってくれる存在があるのはありがたい。
護られる安心感よりも狙われる不安感の方が、何十倍も何百倍も大きい。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!



| フランス時事通信 | 13:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このニュースを読んだ時、またか・・・ってどんより。
しかもホリデーシーズン。
こちらでは先月の感謝祭の時もだったけど、この時期も人が集まるところにはなるべく行かないように、との日本領事館から注意メールが来てます。
テロは本当に許せない!!

| ree | 2016/12/20 18:34 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/12/21 07:15 | |

テロ行為も許せないけど、これで本当に困っている難民がまた困るだろうな〜と思うし。
一瞬にして夢も幸せも全て打ち砕かれた犠牲者と家族の悲しみ。
日常生活でさえ、不安に怯える日々。
楽しい季節のはずなのに...

騎馬警官は好きよ〜。
その後の落し物はすごいけど(笑)。

| 愛されている妻 | 2016/12/21 15:13 | URL |

reeさま

v-292 またです。
自爆テロと違って、テロリストが生き延びる事も可能なこの方法。
上手くいけば、もう一度テロを企てるんじゃないでしょうか。

>こちらでは先月の感謝祭の時もだったけど、この時期も人が集まるところにはなるべく行かないように、との日本領事館から注意メールが来てます。
そーれーがー、家に閉篭もるわけにもいかないんですよねー。

>テロは本当に許せない!!
全くだ!!!

| pcommeparis | 2016/12/24 06:26 | URL |

妻さま

v-292 残念ながら今回の移民受け入れ政策は
方法を誤ったとしか考えられない。

あまり報道されないけれど、
フランスに入国した移民を名乗る人達の大半が男性。
家族連れなんて殆どいないんだから。
そして横行する人身売買。
女子供が少ないのはそのせいなのかな?
兎に角、一番助けが必要な人達は、
助けられていないみたいなの。

フランスに入国した移民の最終目的地は大英帝国。
だからみんなドーバー海峡を渡らんと
カレーで好機を狙って命を落とす人も少なくない。
カレーの住民は住民で、難民に襲われたりして身の危険を感じているんだって。

>テロ行為も許せないけど、これで本当に困っている難民がまた困るだろうな〜と思うし。
>一瞬にして夢も幸せも全て打ち砕かれた犠牲者と家族の悲しみ。
>日常生活でさえ、不安に怯える日々。
>楽しい季節のはずなのに...
うん。
だからシリア難民も含めて一般市民はみんな
現代社会における政治的構想の犠牲者なんだなって思うわ。

>騎馬警官は好きよ〜。
>その後の落し物はすごいけど(笑)。
馬のそれって量は凄いけれど、犬のに比べたら全然マシよ〜!
相変わらずなの、犬のそれv-294

| pcommeparis | 2016/12/24 07:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/396-3b67e3a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT