パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

異国で老いるという事【認知症の傾向と対策】

さ~てと、
重い本題に入るとしますか。

【 認知症について考える 】
集会場所は、
国際大学都市内日本館
各国の学生会館兼寮が建ち並ぶ広大な敷地。

本館。
20161113214001361.jpg

本館の館内表示はよくよく見ると
アルファベットで遊んでます。


英国館


スウェーデン館。


一目でそれと分かる日本館


主催はマロニエの会だった。
<在仏日本人高齢者親睦団体>のイメージが強く、
会員の平均年齢は65~70歳。
だがその実態は、
粋な熟年層の会でありました。
Sさんもそうだけれど
ご高齢者という言葉がマジでピンとこない。
いや恐れ入りました。


ところで
認知症は仏語で Deménce と呼ぶ。
でもこの言葉はあまりにも
壊滅的で絶望的なニュアンスが強くて
殆ど浸透していない。
本来認知症の原因の一つに過ぎない
アルツハイマーで一括りにされている。

近年のフランスは、
アルツハイマー性のものを含めて、
認知症のご老人が日本同様急増中。

もしフランスで要介護になったら、
1, 通いの介護補助者に来て貰う。
2, デイサービスに行く。
3, 介護施設に入る。
ここまでは日本とほぼ一緒。
諸費用は最低で見積もって
2.が±40€/一日、
3.が3000€/1ヶ月、
ってところかな。

異国に暮らしながらも
ちょっぴり和風な生活を続ける自分が
自力で生活できなくなった時、
仏人による仏人の為の生活
今更ドップリ浸れるんだろうか…。
当座の問題は食事だと思う。

フランスで何度か入院した経験から、
フランス料理を食べ続ける事が
どれ程耐え難いかは知っている。

身体が弱った時こそ、
炊いたお米と醬油味の食事がしたい。

入院中も実際、食欲が戻った途端に
夫に中華のテイクアウトを頼んだ私は、
最後まで病院食を一口も食べなかった。
朝食は食べたけど。

問題は食事だけではない。
お風呂に入りたい。
できれば温泉がいい…。

とか我儘言うに決まっている。

異文化を持つ2人の人間が
一緒に暮らすに当たって、
最も重要な歩み寄り

何方かの母国に暮らすケースが多い
異国籍婚姻の場合、
ストレスの少ないのは母国に住む方。
だから母国に住む方が、
異国に住む相手方の習慣に合わせる。
そういった努力が夫婦円満の秘訣だと、
密かに師匠と敬う国際結婚のプロ
妻さまも仰っている。

ところがどっこい
フランスで介護のお世話になるなら、
歩み寄る努力をするのは
一方的に自分だけ。

さあさあどうする?



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 国際家族 | 15:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

切実な問題だよね。本当に。
うちもこの間、トランプ氏当選で日本に帰化を考える在日米国人の話から、夫のことになって...
びっくりしたのは、私の死後はイギリスに帰るって言うんだもん!
今や夫にとっても日本での暮らしが一番長いのに。
どうして?と聞くと、「イギリスの老人ホームと日本の老人ホーム、入りたいのはイギリスの方。」って。
なんか激しく納得したわ。
疎外感を感じにくいだろうし。
でも、私と一緒なら日本のホームでも喜んで入ると思う。
1ヶ月3000ユーロ?
う〜ん、高いな〜!
とはいえ、日本の有料ホームもひと月35万くらい。
切実だよね...
子供いないし、もしも夫が先にいなくなれば生きる意味がなくなるし。
涙出そうe-263

| 愛されている妻 | 2016/11/14 04:58 | URL |

この件については私も考えますね~。

妻ちゃん、私も出来ればそう願いたい。
父ちゃんの亡き後は日本に。
でも料金を考えると絶対に無理。

こちらでは州によっては日系老人ホームがありますが、それこそ料金はアメリカの倍はします。

友達にアーティストがいて、アメリカの老人ホームに日本人がいらして、訪問時にスタッフから「絶対日本語は話さないように。その後日本語を話してしまって我々には理解出来なくて困る」って話を聞いた時、すごく悲しくなりました。

私もですよ!!
私は出産での入院だったんで、2泊の間父ちゃんにアジアンの食事を買ってきてもらっていました。

そんな私がアメリカのホームになんて入れないです。
かと言って子供達の負担にはなりたくないし。

| ree | 2016/11/14 18:06 | URL |

妻さま

v-510 この歳になると、真剣に考えるよね。
特に国際結婚の場合、どちらの国に住むかって事は深刻な問題に発展しそう。

> びっくりしたのは、私の死後はイギリスに帰るって言うんだもん!
> 今や夫にとっても日本での暮らしが一番長いのに。
> どうして?と聞くと、「イギリスの老人ホームと日本の老人ホーム、入りたいのはイギリスの方。」って。
> なんか激しく納得したわ。
> 疎外感を感じにくいだろうし。
うーん、微妙なところね!!!
私の日本時間は、昭和で止まっているでしょう。
いくら自分は生粋の日本人のつもりでも、側から見たら絶対にズレている自信があるの。
きっと日本の老人ホームでは、浮いた存在になると思う。
疎外感は多民族国家のフランスにいた方が、感じないかも知れないな〜。
だけど、フランスにドップリっていうのも多分無理。
同じ環境の、日本人やその連れ添いが集まった老人ホームがあればいいのに…。
でも高いだろうね。3000€とか¥350,000じゃ済まない金額を請求されて、泣く泣く諦めそう。
どう考えても、要介護になる前にポックリ逝くのが理想だわ。
だけど、万が一生き延びたらどうしよう…。
で、↑文頭に戻る(笑)。
って笑えないんだけど!!!

| pcommeparis | 2016/11/18 20:43 | URL |

reeさま

v-510 深刻な問題ですよね。

> 妻ちゃん、私も出来ればそう願いたい。
> 父ちゃんの亡き後は日本に。
> でも料金を考えると絶対に無理。
そうか!その問題もあったんだ。私も絶対に払えません。
だけどそれ以前の問題で、妻さまにも書いたように、生粋の日本人との間にズレが生じるかも。
だから、日本国内の老人ホームは多分無理です。

> こちらでは州によっては日系老人ホームがありますが、それこそ料金はアメリカの倍はします。
わ〜、あるんですか〜i-184
げ、でも料金倍ですかi-195

> 私は出産での入院だったんで、2泊の間父ちゃんにアジアンの食事を買ってきてもらっていました。
出産でたったの2泊!(反応するのそこか?)
フランスでの出産は、最低一週間の入院ですよ。
胸に出来た早期腫瘍取った時は、一泊でしたけど…。

> かと言って子供達の負担にはなりたくないし。
それは一番避けたいわ。

| pcommeparis | 2016/11/18 20:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/386-deaa6dc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT