PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

玄関の錠前を、保安施錠システムに取り替える。



この度の南仏アルプス滞在中に、
夏にしそびれた仕事を遂行した。

それは何かと言うと
アパルトマンの錠前交換

前の持ち主が使っていた鍵は
誰が持っているか分からない。
だから引越し先の錠前交換は
フランスで強く推奨されている。

パリの我が家の玄関ドアは、
外から見たら極普通だけれど
実際は分厚い鉄板入り。
鍵をクルッと回すだけで
8カ所にデッドボルトが飛び出す
超頑丈な仕組みになっている。
錠前自体の保安レベルは6。
数字が大きい方が保安度高いです。
でも↑は特殊技術を要するので、
大工事は専門家にお願いした。

南仏アルプスの玄関ドアは
パリほど頑丈にする必要も無く、
そこまでやれる銭も無く、
プロアマが通う日曜大工百貨店
LEROY MERLIN
グルノーブル店に出向いて
錠前だけを購入した。




左が交換前の保安レベル1
右が交換後の保安レベル4
違いは一目瞭然ですよね?

因みに交換の際は、
扉の厚みにあるネジを外せば
簡単に取り替えられるから、
素人でも全く問題なし。

さてあなたのお住いの錠前は、
保安レベルいくつですか?



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリのアパルトマン | 08:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお〜、自分で取り替えたなんてすごい!
うちは10年前に建て替えたので、その右側っぽいやつだけど、建て替え前の古い家とか実家のカギは左側の保安レベル1のやつだったわ。
取替えて、これからは安心ね。
うちは別荘ないから心配する必要もないわ〜!(爆)

| 愛されている妻 | 2016/09/20 14:01 | URL |

ですよね~。
我が家もドアのカギを替えましたが、DIYですのでそんなに信用出来ないと思ってます(笑)。

| ree | 2016/09/20 20:52 | URL |

妻さま

v-267 うっふっふ。
なんだかんだ言っても、パリに暮らして随分逞しくなったわ、私。
このくらいの仕事なら、何時でも呼んでちょうだい。

築25年の実家はシンプルな鍵だったから、
父が亡くなって1人になった母の希望で、強力なのに替えたんだけど、
それでも不安がっちゃって、大変なのよ。
結局は、娘(母にとっては孫)の同居で落ち着いたわ。
ただ、性格的に全然合わない2人だから、関係は複雑なのよ。
困った〜!

| pcommeparis | 2016/09/28 13:49 | URL |

reeさま

v-267 こちら(特にパリ)は空き巣被害が多いので、 取り替えた方が無難なんです。
広告配りのフリをしながら、下見をしてるんですよ〜。
>我が家もドアのカギを替えましたが、DIYですのでそんなに信用出来ないと思ってます(笑)。
一軒家だと、窓からも入れますもんね。

| pcommeparis | 2016/09/29 14:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/374-4f9d09b6

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD