パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パリ6区の爆発事故

昨日の事です。

パリ6区の大学にいる娘から、
モンパルナスタワーがテロで爆破され、保安上の理由で学校の門が閉められたから出られない。
と、メールが届いた。

慌ててラジオをFranceinfo 105.5に合わせてじーっと聴いていたけれども、それらしきニュースは何も無し。

暫くしてやっと、
パリ6区のアパートでガス爆発。
と、事の真相が判明した。


Franceinfoから拝借。



娘の居た場所は、現場から通りを数本隔てた所。爆発音が聞こえ、モクモクと黒い煙が見えたらしい。

宗教系(カトリック)の学校なので、生徒達はテロを警戒していると娘から聞いていたけれど、即座に門を閉めたという事で、学校側の警戒心も強かった事を悟った。

みんな普通に生活している(ように見える)のに、実際は結構ナーバスになっているんだな。。。

精神的にヨレヨレ状態で帰宅した彼女は、シャワーを浴びるとベッドへ倒れ込み、最初にテロ情報が校内を駆け巡ったので本当に怖かったと、少し荒れ気味に呟いた。

娘を案じる私も、テロではない確信を持つまで全然生きた心地がしなかったから、当人の達の恐怖は余程のものだったと思う。

パリは、何時までこんな情勢が続くんだろ…。

そうこうしているうちに明日になってしまい、冒頭の昨日は一昨日になりました。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの街 | 01:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テロでなくて本当に良かったね。
そして、学校側の対応もちょっと安心かな。
でもさ〜。また?って思うよね。
お嬢ちゃま、かなり不安になっちゃったでしょうね。
パリの人も普段通り生活しているように見えても、実は「考えないようにしてる」人が多い?
うちは義弟がオランダ住まいなんだけど、ベルギーとは近いなんてもんじゃないし、さぞかし?と思いきや、ヨハン・クライフの死去のニュースの方が大きいらしく...
それも「考えないようにしてる」(現実から目をそむける)のかなって思ったわ。
考え出してしまうと、不安に押しつぶされそうになるから、「心を守るため」の人間の自衛手段かなって。
疲れちゃったわね。
平穏な気持ちで暮らせる日が1日でも早く...って書き始めて...また色々考えてしまう。
とりあえず良く寝てね!

| 愛されている妻 | 2016/04/03 14:47 | URL |

デパート爆発も怖いけど、まずはテロじゃなくて本当によかったですね~。

今回の帰国で行きも帰りも娘、出発時に泣いたんですよ、「怖い・・・」って。
セーフティーの説明が流れる時には酷い状態に。
911をうちの2人は知りませんが、毎年テレビでは特集もあるし、特に帰りはベルギーの空港テロがあったばかりなので尚更不安だったみたいで。
でも酔い止めを飲ませてたので機内ではぐっすり寝てくれましたが。

世界のあちこち・・・今やどこにいても安全って事はないですものね。

| ree | 2016/04/04 17:48 | URL |

妻さま

v-41 去年パリで起きたテロの時も、あの子はシャンゼリゼで遊んでいて親はヒヤッとさせられたけれど、今度は毎日行っている学校でしょう。
健気に通って偉いなって感心する。
> でもさ〜。また?って思うよね。
思う〜!あってもおかしくないもの。
これはもう時の運とか言っているけれど、やっぱり怖いんだろうな。
> うちは義弟がオランダ住まいなんだけど、ベルギーとは近いなんてもんじゃないし、さぞかし?と思いきや、ヨハン・クライフの死去のニュースの方が大きいらしく...
フランスでも同じ!!!

フランスでテロリストが活動できる環境は、100%政治絡みの政権保護が原因で生まれているのに、社会党始めとする左翼オランド政権は、ムスリムの反感を買いたくないから、強い事言えないの。
かと言って、サルコジ政権も当てにならないし、いい加減にして欲しいわ〜。



| pcommeparis | 2016/04/05 20:41 | URL |

reeさま

ガス爆発の被害者はお気の毒だけど、
テロじゃなくて本当に良かったです〜。
メールもらってヒヤッとしました。

> 今回の帰国で行きも帰りも娘、出発時に泣いたんですよ、「怖い・・・」って。
ニコちゃん、繊細なんですね。
折角の日本行きが、恐怖心との戦いだったなんて!
うちの娘もかなり繊細ですけれど、大人ぶって、怖いよーって泣きたい気持ちを上手く隠せるようにはなりました。
その代わり、隠してる分ストレスを溜めるので、時々ドッカーンとくるんです。
今回の爆発事故では、ドッカーンをやっていました。
ただ日本は大好きなので、飛行機ハイジャックや空港テロは怖くても行きたいらしです。




| pcommeparis | 2016/04/05 21:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/342-b0bf3138

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT