パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

兵役がなくなってよかった~~

軍隊の存在が必須になってしまった
パリの日常生活。

現在フランス軍隊の軍人さんは、
100%が志願兵です。

その昔、
と言ってもほんの最近まで、
フランス国籍の男子にとって
一年間の兵役は義務でした。

エリート君達に限り、
海外のフランス企業で働くと言う形で
兵役を逃れる事が許されていました。

夫は三人兄弟の真ん中。
世渡り術を身に付けていた彼が
兵役に強力なコネを用いて
向かった先は、
太平洋に浮かぶ楽園フレンチポリネシア

そう。
フランスってかなり、
ピストン(コネ)社会なんです。

その地で彼は
兵士輸送機の機内乗務員として、
お気楽な兵役を果たしたそうです。

同時期に兵役中だった
マーロン・ブロンドの息子に誘われ
映画に出演したおかげか、
タヒチアン美女達に囲まれる毎日
だったとか。

だから彼にとっての兵役の記憶は、
1.常夏の太陽
2.碧いラグーン
3.タヒチアン美女。


バカンスかい…。

でも実際の兵役は
そんな生易しくはなかったようです。

友達のティエリーは
スキー上級ライセンスを持っていたが為に、
雪深い山奥に送られて
来る日も来る日も雪をかき分けて進む訓練。
すっかり雪嫌いになりました。

夫の兄は、
今は文句の付けようがない
立派な暮らしをしているけれど、
昔は兵役から脱走逃亡しお尋ね者となった
立派な前科一犯。
時効成立で留置場生活は免れました。

夫の弟は、
殺人訓練に耐えられず神経衰弱となり、
2ヶ月で兵役免除となりました。

もし現在も兵役制度があったなら、
兵役中の若者が戦地へ送られる可能性は
絶対にあるそうです。

だけどそれって年齢的に、
娘の友達もじゃないですか?
想像出来ないし、したくもない。

兵役が無くなった現在は
10代の男女平等に1日だけ、
軍隊の授業?を受ける義務があります。

1日だけの兵役です。

それでも娘は、
ウンザリして帰ってきましたけど。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス人 | 18:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も同じ事を思うんですよ。
こちらは兵役はなくても、もし一般からの軍隊が必要になれば息子だって可能性があるんだな・・・って。
そうなったら親として耐えられないです。

娘さんのようにストレスで登校出来ない子、結構多いんではないでしょうか?
親御さんが学校に行かせたくない、って場合もあるでしょうし。
娘さんのストレスが少しでも緩和される事をお祈りしてます。

| ree | 2015/11/26 23:46 | URL |

今でも兵役のある国はあるもんね。
韓国、スイス、オランダ...
日本人に生まれても兵役のある国の人と結婚すれば、自分の子供が戦争に行く可能性があるのよね。
想像すると本当に恐ろしい。
夫の父親は第二次世界大戦で戦ったの。
戦後結婚して生まれた息子たちにその経験を語ることはなかったけれど、実戦は兵役どころではなく、それは大変な経験だったみたい。
そういえば、夫の父の最初の結婚相手はフランス人女性だったのよ。
それは戦前の話で、子をなすことなく婚姻関係は解消されたけど。

お嬢ちゃま、どう?

| 愛されている妻 | 2015/11/27 13:34 | URL |

reeさま

> そうなったら親として耐えられないです。
って言うか、
チャー君も耐えられないような気がするんですけど…。
戦地へ行くという事は、人を殺しに行く事。
無理でしょ〜。ひょえ〜〜〜〜!!!

娘は尻込みしながらも、学校に行くようになりました。
でもねー、
うちの大学は危ない(カトリック系だから)。
とか言ってます。
多分、皆でそう話しているのでしょう。


| pcommeparis | 2015/11/29 12:11 | URL |

妻さま


> 日本人に生まれても兵役のある国の人と結婚すれば、自分の子供が戦争に行く可能性があるのよね。
で、夫は大丈夫なのかなって、ふと考えたんだけど。
50代でも体が元気なら、駆り出されちゃうのかな…と。
ゾッとする〜。

> 夫の父親は第二次世界大戦で戦ったの。
> 戦後結婚して生まれた息子たちにその経験を語ることはなかったけれど、実戦は兵役どころではなく…。
うちのパパさんは1954年に始まった、アルジェリア戦争に行ったのよ。
でも彼の中で、この話は絶対のタブー。
何があったか分からないけれど、余程忘れたい事があるのだろうと、皆でそっとしているの。
あ、でもこの戦争のおかげで、秘書だったママンさんと恋に落ちたから、いい事もあったわね。

> そういえば、夫の父の最初の結婚相手はフランス人女性だったのよ。
うわ〜、すご!国際結婚経験者、それも仏人女性と!!!勇気あるね〜。

> お嬢ちゃま、どう?
お陰様で、後退りしながら通ってる。。。やれやれ

| pcommeparis | 2015/11/29 14:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/318-0ea0650c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT