PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シンガポール発フレンチフュージョンレストラン《 Porte12 》

何も言う事は無い。

若き(幼き)日々を過ごした第二の故郷
記憶の中のシンガポールに、
こんなに繊細な食べ物は存在しない。

シンガポールは美味しい。

だから、
どんなに気取った料理でも
美味しく無い筈が無い。
あ~、我ながら面倒くさい言い方だな~。

安くて美味しければ全て良し
のシンガポールで、
ヌーベールキュイジーヌがすくすく
育っていたとは知らなんだ。

お友達のN子さんと
ふたりでお別れ会をする事になり、
N子さんが選んだ店はパリ10区。

Porte12
12, rue des Messageries 75010 Paris


思わず見過ごす店構え。
目立たないけどかっこいい入り口は12番地。





転勤でパリを離れるN子さんは
世界の言葉を操るキャリアウーマン。

ポルト12は、
シンガポールで大成功している
フランス料理のシェフ・アンドレ チャンが
本場パリに逆輸入した店として
注目を浴びている事など、
世界の事情にも詳しい。


ラディッシュとチョコニンニク


左)ボラックのお刺身とトマト
右)人参と野菜


左) メルルーサのグリンピースムース
右)イベリコ豚のルバーブとフランボワーズ


ピンクオレンジのムース

本当のメニューは
色々な食材が使われているため、
もっと詳しくてもっと難しかった。

その場では理解していても、
何一つ覚えていないマヌケさ。
見た目の美しさと繊細なお味に、
記憶を喪失した私だった。

こんな事なら、
食べながらメモれば良かった。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・フレンチ | 20:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/06/14 13:18 | |

pcommeparisちゃんって、シンガポール育ちだったの?
横浜出身の帰国子女、フランス在住ってすごいインターナショナル!!!
それに比べて私ときたら、生まれてからずっと同じ町内で暮らしてるんだもの。
pcommeparisuちゃんがますます眩しいわ〜。

シンガポールに行ったのは1度だけ。
いまやこんなおしゃれなお店がパリに逆輸入されるほど?
チョコニンニクって????
シンガポールもずいぶんと変わったのかしら。
意外と庶民の暮らしは変わっていないような気もするけれど。
お友達の転勤は寂しいわね。

| 愛されている妻 | 2015/06/15 15:41 | URL |

Re:

妻さま〜、

帰国子女じゃないって!
渡仏前に暫く、シンガポールのホストファミリーにお世話になっていただけよ〜。
ファミリーのお子ちゃま達をお世話する筈が、自分の方がよっぽど世話になっていたと言うオチ付きで。
確かにあの頃の自分は、若さを通り越えてあまりにも幼かった!!!

シンガポールはあれから物凄く発展したのだけれど、開拓前のシンガポールの方が好きだなぁ。
熱帯林と海に囲まれた小都市で、和気藹々と共存する多民族。
とは言いつつ、新しく出来た植物園には興味津々なんだけどね。

【チョコニンニク】
苦味のニンニク風味のポロポロした物体なの。
美味しかったから、どうやって作るのか知りたいわ。

| pcommeparis | 2015/06/18 07:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/286-e0bb77ae

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD