PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

和製パリジェンヌ押しかけ隊

友達3人で、Sさん宅へお邪魔して来ました。

場所はパリの東、ヴァンセンヌの森に近い最上階のテラスハウス。

前方のプロヴァンス庭園と側面の日本庭園に囲まれたリビングルームは、いつ来ても和とフレンチ基本の世界中が絶妙に調和した、落ち着ける空間です。

そこでとりあえずxxxと乾杯しました。この国でxxxに当てはまるのは、シャンパン、日本ではビールだよね。

和製パリジェンヌのSさん とパリジャンの旦那様は、私の親よりちょっと若いだけなのに、エレガントと言うか粋と言うか自然体と言うか、兎に角、別の生き物みたい。

カッコよ過ぎます。

クリストフルのカテラリーがキラキラ光っていて豪華絢爛なテーブルセッティングに、前菜はアボカドクリームと旬の白アスパラガス(太っ!)。

わぉ!

その後もメイン・デザートにワインも開けて、押しかけの子分達をもてなして下さいました。

フランスでは、フォークを裏返しにセッティングする家が多いです。理由は、尖ったフォークの歯が攻撃的だから。

実際は、ロゴが入っている場合のみ、裏表関係無くロゴ面が見えるように置くのを例外に、表置きが正式だそうです。これは以前、サービスの専門家に教えて貰った受け売り。

フランスでサービスの専門家と呼ばれるのは、École Hôtelière 出身者の事で、娘の友達も数人進学を希望している、ホテル業務のプロ養成教育機関です。

最高の5年過程を修了すれば、高級ホテルのマネージャークラスで就職して、世界中飛び立つ予定。

高級ホテルには高級レストランがあるから、サービスは業務の一貫としを学ぶんですね。

閑話休題。私達は、13時半にアペリティフを始めて永遠に話し続け、気が付いたら20時。なにがなんでもこれは落ち着き過ぎ。でも楽しかった~。

翌日、1日振りのお料理は、 豚ヒレの赤ワインソース



レシピは妻さまブログが参考です。

なのに気が付いたら、ある筈の玉ねぎが無い!(初回は赤ワインがありませんでした)

で、冷蔵庫に見つけたフェンネルを、玉ねぎ代わりに投入。妻さまが教えてくれるレシピとは、似て非なる一皿になりました。

これが、以外と美味しかったんです。

本家本元もとっても美味しいのですが、分家は違う料理として確立出来るかも。

【 おまけ

お料理中にZooplusから配達された、猫用ドライフードとお菓子が入った段ボール。ヒルトンは、大好物のお菓子を出した箱に自ら入って、似非捨て猫になったのでした。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!



げっ!写真が違うぞ。
ないないない、無い!
豚ヒレの赤ワインソースの写真が無~い。

| パリのお出掛け | 11:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

写真はポーク・ファルシみたい!
それもおいしそう〜♪
フェンネル入れた赤ワインクリームソースもおいしそうだわ。
ただ、こちらでフェンネルを手に入れるのはたまねぎよりもかなりハードルが高そうだけど(笑)。

あぁ、そうそう。
ロゴを見せるのは仏式なのよね。
でも、実際にレストランでその置き方、見たことないかも。
というか、自宅でそんなことしてるってかっこいい〜!
うちにはクリストフルどころか、そんなちゃんとしたカトラリーセットないもん!
そして、ディナープレートのセットもない!
あるのはその都度テキトーに買った&割れて何枚か欠けたりするバラバラのお皿たち。
自分で家庭を持ったら素敵なセットで揃えたいと思っていたのに、実家の食器とまったく同じ状態(笑)。

| 愛されている妻 | 2015/05/12 06:00 | URL |

v-271 妻さま、

そうそう、これはファルシだ(笑)。
これはこれで美味しかった🎶。
夫が柔らか過ぎて食べたがらない干し杏を、豚ヒレ肉にファルシしたんだった。
じゃああの赤ワインソースの写真は、どこに消えたんだ?(自分が消したんだろ〜!)
妻さまのお庭で、フェンネルの太い茎が育てばいいのにね。

お肉料理を食べる時の必需品と言えば、ラ ギヨルのナイフ。
これは本当に持ちやすいし良く切れるの。
だけど家には家族分しか無いから、いつかセットを買いたいな。
最近は色とりどりで可愛くて安いラ ギヨルも売ってるんだけど、義姉の最高級品はやっぱり切れ味が違うからめっちゃ憧れる。
でも義姉ちゃんは、料理の腕も超一流。こっちにも憧れるわ、私。


| pcommeparis | 2015/05/12 13:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/276-48c9fe0a

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD