パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランス最強の対テロ特殊部隊 【GIGN】国家憲兵隊治安介入部隊(Groupe d’intervention de la gendarmerie nationale)

フランス史最悪のテロ事件は、GIGNによるテロリストの射殺で、一旦幕を閉じた。

GIGN
1994年に起きたエールフランス航空のハイジャック事件で、一躍脚光浴びた。

一般人の我々がお目に掛かる機会はあまりない、深~い謎に包まれた存在のGIGNは、フランス憲兵隊の中でも、特に身体能力と精神力の優れた、超エリート集団なのだ。

34歳以上のフランス憲兵隊員の中から選抜されるのだけれど、一週間に及ぶ適性審査に合格した後、役1年間の厳し~い特殊訓練を無事修了した者だけが、晴れて入隊資格を得る。

入隊してからも、高い身体能力と強い精神力を維持しないとならない。GIGNになる事だけでなく、GIGNでい続ける事が必要なので、日夜厳しい訓練に励んでいるらしい。

興味のある方は、フランス映画 L'ASSAUT をご覧下さい。



彼らが出動して来る事は、絶対に望ましい事ではないのだけれど、世の中にテロリストの存在がある限り、仕方がないのだろう。

フランスの政治家達が例の如く討論するテロ撲滅対策

子供達が未来のテロリストにならない、教育環境を作るべきだ!!!

とか言っていた政治家の言い分も一理あるけれど、今存在しているテロリスト達をどうにかする方が、先なんじゃないか?




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス人 | 12:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

少し前なんだけど、新聞連載小説でそういう精鋭部隊を扱っていて。
印象に残ったのは、そういう部隊が活躍しないほうがいいんだってこと。
それが必要とされる時は、良くない時。
だから影の存在だけど、辛い訓練を続けなければならない。
支えるのは、志。
pcommeparisちゃんの書いてることと同じね!

| 愛されている妻 | 2015/01/12 14:59 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/01/13 10:24 | |

e-204 妻さま、

へえ〜、そんな小説があったの。
作者は誰だか覚えてる?
小説の題名と一緒に、教えて欲しいなぁ。
読んでみたい!!!

| pcommeparis | 2015/01/13 20:59 | URL |

今野敏の「精鋭」って小説だったんだけど、出版されるかな?されないかも?

| 愛されている妻 | 2015/01/14 03:23 | URL |

Re: タイトルなし

v-87 妻さま、ありがと〜。

今野敏の「精鋭」、もうじき朝日新聞出版から出るって!
日本だと自衛隊員ではなくて、警察官の精鋭部隊なのね。
その辺の違いもお国柄?で興味深いわ。

| pcommeparis | 2015/01/14 08:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/252-78b99a4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT