PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生牡蠣・焼きモンドール、美味しい冬の味覚

この週末は、
やけに力込めてご飯を作りました。

土曜日のお昼は、
妻さま メニューから、
豚肉のタラゴン&マスタード



下準備さえすれば、後は焼き上がりを待つ間に、付け合わせも作れるし、アペリティフも飲めるオーブン料理。

妻さま、ありがとう 美味しかった~♪。

土曜日の夜は、
洋風マグロの刺身(カルパッチョですね)に生牡蠣

ワインビネガーかレモン汁で食べる生牡蠣を、おろし醤油で頂くのは、おうちごはんならではの醍醐味でしょう。



開けるのが一苦労の生牡蠣は、食べる時になってようやく、
苦労は報われた~!
と、実感する海の幸。

そして日曜日の昼は、
Mont d'or (モンドール)の丸焼きでした。

スイスではVacherinと名乗るMont d'orは、そのまま食べても凄~く美味しいジュラ地方の牛乳チーズ。

十数年前に、製造過程でバイ菌?が附着した皮を食べた人が、亡くなりました。

フランス人の多くはチーズの皮を残す習慣があるのに、この人は食べちゃったんですね。

でも、焼けば丸ごと食べられます。

白ワイン(もしあったらJura特産のvin jaune)を一滴垂らして、木箱ごと180C°のオーブンで20分~25分焼きます。

それだけ。



ラクレット同様、茹でジャガやハムと一緒に食べますが、臭いも少なくて、器具も要らないお手軽さ。
ジュラ地方出身の家族からも、絶対のオススメです。



デザートはPierre Herméのパティスリー(贅沢な頂き物)でした!
リリー、ありがとう!



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・メイン | 12:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごいすごいすご〜い!
お昼からちゃんとお料理してる!!!
私はお昼は作っても、ツナチーズトーストとかトマトスクランブルエッグとか。
作らない時は、カップ麺とか肉まんとか(笑)。
朝は紅茶入れるだけで、夫が好きなチーズ選んで食べてる。
焼いたモンドール、おいしそう♪
それもお昼なんでしょ?ワイン出てるけど(笑)。
じゃがいもやハムをチーズにつけて食べるの?
うちでもやってみなくっちゃ♪

| 愛されている妻 | 2014/12/16 14:59 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/17 15:27 | |

e-12 妻さま、

モチロン!時々、ワインは昼間から飲んでます。
社食のランチでもワインが選べるお国柄、
家でもご馳走ランチする時の飲み物は、やっぱりワインなのよ。

焼きモンドールは絶対に美味しいから、是非試してね ♪
それはともかく、
グルメな妻さまがカップ麺とか肉まん食べてる姿、想像出来ないんだけど…(笑)

| pcommeparis | 2014/12/28 10:28 | URL |

おめでとうございます。牡蠣は食べられないですが美味しそうですね羨ましい(子供の頃は食感がだめで食べられず大人になって食べられるようになったと思ったらアレルギーが出てもう何年も食べていません)イタリアでも最近手に入るようになったダイコン(昔は蕪で代用していました)イタリア人も天ぷらなどをおろしで食べるのが大好き。クリームみたいと言われます あーアレルギーなのを忘れてまた食べたくなります。こんなチーズ見た事ないけどこちらでも手に入るかなーワインを入れてオーブンで焼くなんてちょっと面白い食べ方で興味津々です。家の近くに立つ市にいろいろなチーズを売っている店があるのでちょっと見に行ってみよう...

| あき | 2015/01/03 21:26 | URL |

v-500 あきさま、

こんにちは、はじめまして ♪
イタリアからようこそお越し下さいました。
わざわざイタリアから訪ねて頂いてpcommeparis 凄〜く嬉しいです。

冬のチーズ、モンドール又の名をヴァシュランは、本当に美味しいんです。
焼いてイタリアン生ハムと一緒に食べたら、リピーターになる事間違いなしです。
見つけたら是非お試し下さい。
牡蠣が食べられないのは、もうお気の毒としか慰めようがないけれど、イタリアには美味しいものが沢山あるから、牡蠣くらいなんでもないですよ。
イタリア、美味しい国ですよね〜。

| pcommeparis | 2015/01/05 13:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/247-be8c3edd

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD