PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母が娘に遺す物

娘の友達、ジュリアのママンが逝った。

娘達が中学生になった年からなので、足掛け6年、肺がんと闘って来た彼女。

大きな不動産屋の経営者でもあり、病気が少し治まると仕事漬け。
時間がない分せめてお金を…、と親の愛情を注いでいた彼女。

ジュリアはどっぷり思春期で、男友達を求めてのトンデモない行動に走った過去もあり、私も気に掛けていたのだけれど。

訃報を聞いて、早速ジュリアに会いに行った娘が、神妙な顔をして帰って来た。

それはなぜ?
なぜかと言うと…、

ジュリアが嬉しそうに、ママンの形見を見せてくれたから。

その形見とはなんと、ジュリア専用のアパルトマン!

ん~~~~。
確かにジュリアのママンは、不動産屋さんだった。
でもそんな物貰って、ジュリアは大丈夫なの?

案の定、そこで夜な夜な飲み会三昧。
男も連れ込み放題になってしまっているらしい。

ジュリア17歳。
ママンの命を掛けた愛を無駄にしないで欲しい。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの子育て | 12:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うるさい親のいないアパルトマンがあったら、悪い子の吹き溜まりになるのは火を見るより明らか。
それでもママンは娘にアパルトマンを与えたのは、将来困ったときに売れるものとして?
でも...ジュリアにとってアパルトマンは負の影響どころか、確実に転落する将来を約束されているようなもの。
どうなるか、恐ろしいくらい。
pcommeparisちゃんのお嬢ちゃまが悪い渦に巻き込まれないように祈るばかり。

| 愛されている妻 | 2014/06/16 15:25 | URL |

v-37 妻さまもそう思う?
やっぱり転落の道まっしぐらかな?
きっと彼女のママンは自分の子の将来を案じて、住む所だけは確保したのでしょうね。
うちの娘も凄く心配して、以前は必死でジュリアを説得していたのだけれど、
もう今は幼友達でも何も出来ないから、それはそれは悲しそうなのよ。

| pcommeparis | 2014/06/17 15:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/216-57211abb

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD