PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランス人夫に失望した日

まあ、
それ程の事じゃあないんだけれど...

今日は珍しく夫の話をさせて貰います。

私、
とんと流行にはトロく、
流行り物には気が付かない生きて来た。

流行と名の付く物は、
たとえそれが流行性感冒(インフルエンザ)であっても。

ところが今回の日本帰国中に、
巷で流行りのウィルスを貰ったらしく、
パリへ戻った翌日から突如39.6℃の熱。

慣れない発熱にグッタリで、
何も食べられなくなった。

そこで優しい夫が尋ねる。

お腹空いてない?
パスタでも茹でようか?
それともトーストがいい?


夫よ、
貴方は本当に良い夫だ。
だけど今の私に食べられるのは多分、
梅干しのおかゆくらい。



確かに元気な時の私は、
何でも美味しく頂く。
でも病気の時は違うみたい。

私の身体に組み込まれたこのDNA?だけは、
どんなに和食が好きな夫でも、
一生理解出来ないと思った。

p.s. 今は復活しています!


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!








| 国際家族 | 12:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あ〜、わかります。病気の時はやっぱり和モノですよね。
でも、何か食べさせてくれよう、というだけでもいいじゃないですかー!
うちの夫は、「病気=食べない」と思い込んでいるので、本当に動けなくなったらあぶないです。
まあ、病気の時は食事や消化に使うエネルギーをからだに回したほうがよい、という説もありますが、私はなにかしら摂っておきたいと思ってしまうので、本気でアセります。笑

ともあれ、復活されてて何より。年を重ねると抵抗力も弱るし、巷のウィルスも多様化しているようなので、お互い気をつけましょうね。

| 麻 | 2014/05/15 14:08 | URL |

v-371 麻さま、

ふえ氏が実践される「病気=食べない=動かない」は、猫も実践しますから、一理あるんでしょうね。
でも「元気な時はしっかり食べ、病気の時はもっと食べる」説もあるから、一体どっちがいいのかなぁ。

私の場合は、食欲がない時でも「梅干し粥」には心がホッとますが、まずは病気にならないのが一番!ですよね。

| pcommeparis | 2014/05/17 05:55 | URL |

お久〜!
わかるよー
私は娘がバカンスで横浜のお祖母ちゃんの所で過ごしてる間、私はシンガポールに残り仕事に励んでいました。
夫も仕事で何日も留守にしてると、自分の分だけの食事作りもいいんだけれど、ご飯が余って冷蔵庫にしまっておくと硬くなるしで… 。
それで珍しくお粥を作ったよ。
冷蔵庫にあったシラスと梅干し、あと玉子で。 久しぶりに食べたお粥は、どんなに贅沢な食事より幸せな気分にしてくれた。何なんだろうこれ!
絶対に日本人にしか理解できない幸せだよね〜!

| M美 | 2014/05/25 06:26 | URL | ≫ EDIT

v-365 M美さま、

こちらこそお久〜!
シンガポールの美味しいご飯は、堪らなく好き♡
なのに、梅干し粥のように癒してはくれないみたい。
どんなに長く海外に住んでも、日本人は日本人ってことかな…。
濃い日本茶にもホッとするものね。
若い時はそうでもなかったのに、これって歳とともに日本人度が増してるって事?

| pcommeparis | 2014/05/25 21:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/211-b4c354ed

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD