パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セピア色の時代

ママンさん(義母)の前夫であり、
義兄の父親であるルネが亡くなった。

ルネを偲んで古いアルバムを引っ張り出してきたママンさん。
事情があって離婚はしたけれど、
結婚式の写真で嬉しそうに見つめ合う二人を見て、



ちょっと複雑な気持ちになった。

パパさん(義父)と結婚して幸せだったママンさんだけど、ルネとの結婚も幸せだったんだなぁ…と。

大戦後の活気を取り戻したパリで、
大店乳製品問屋の長男ルネと、
取引先の一人娘ママンさんは結婚した。


ママンさんの実家、今はもう無い

幸福の絶頂にあった二人を不幸が襲ったのは、子供(義兄)が生まれた直後。
重症の脳炎で人格と知性を失ったルネは、禁治産者となる。

息子の嫁を気に入っていたルネの母親は、嫁の将来を思って離婚を勧める。
(本当は、ルネの弟と再婚させたかったらしい。)

母親は息子ルネを施設に入れママンさんと離婚させ、子連れバツイチとなったママンさんを援助し続けた。

当時の、離婚した女に対する偏見が酷かったフランス社会で、頑張っていたママンさん。

そんなママンさんに恋をした若き日のパパさん。
がっちがちなカトリック家族の反対を押し切って、ママンさんと入籍した情熱家の面影は薄い。
(離婚経験者は結婚式が挙げられないから、入籍だけ。)

そして夫が生まれ、義弟が生まれ、ルネは過去の人になっていった。

でも、ルネの母親は最期までママンさんを可愛がっていたから、
夫が私に
ma grand-mère
(僕のおばあちゃん)
と話す時も、
大概はルネの母親の事を指している。

2度目の結婚は、パリジェンヌのママンさんにとって、パリ暮らしの終わりを意味した。
今もパリを恋しがるママンさんだけど、再びパリに暮らすつもりはない。
恋しいのは現在のパリではなくて、昔のパリだから…。

古いアルバムの中にあるセピア色のパリは、石畳みに並ぶ街灯やレトロな車がノスタルジックに美しい。

今より不便だけど、今よりいい時代だったんじゃないかと思う。


【追伸】
義兄ちゃんの父親が亡くなった2週間後に、
義姉ちゃんの父親が亡くなり、
その2週間後に、
義弟のパートナーの父親が亡くなりました。
突然不安に襲われて、日本の父に会いに行って来た私です。
相変わらず弱々しく寝たきりだったけれど、まだ大丈夫そうでホッとしました。

3人の冥福を祈りつつ…。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 国際家族 | 12:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

胸が熱くなるお話でした。
まるで映画の一場面を観ているかのよう。

古き良き時代のパリの、せつない恋物語。

ルネ氏のご冥福心よりお祈りいたします。

そして、今日本ですか?
離れて暮らしていると、人一倍心配になりますね。
ゆっくり親孝行されてください。

| ママンのきもち | 2013/10/12 08:23 | URL |

Re: タイトルなし

ママンのきもちさま、

いえいえ、とんぼ返りでパリに戻っています。
我が家には困ったちゃんがいるので、長く家を空けられないんです。

ママンさんの古いアルバムは、まるで写真集のようでした。
彼女の波瀾万丈な若き日々も、また然り。
ルネは本当にお気の毒だし、あの頃のママンさんの辛さも理解出来るけれど、
そのお陰で夫が存在する訳で、なんとも複雑な気持ちですね。

| pcommeparis | 2013/10/14 07:12 | URL |

恋しいのは今のパリではなく、昔のパリか...
ルネさんが脳炎にかかった時にはお義母様、大変なショックだったでしょうね。
初めての子が産まれて、幸せの絶頂の時のはずなのに。
でもお義母様のお義母様も、自分の息子を襲った不幸を受け止め、嫁を束縛から解き放ち、偉かったのね。
女は強い。
↑困ったちゃんって、しっぽのある子?(笑)
お父様、ご心配ね。

| 愛されている妻 | 2013/10/15 13:54 | URL |

Re: タイトルなし

妻さま〜、

我が家の困ったちゃんに、しっぽはありませぬ。
父は心配だけど、↑こっちはもっと放っておけないからね。
しっぽのある子は最高の癒しなの。

ルネと結婚したばかりのママンさんは、絵に描いたような幸せで希望に満ちあふれていた事を、
ルネが亡くなって初めて理解したのよ、私。
そのショックから立ち直って今に至る彼女を見て思った。
女って本当に強い。

でも、
強力なオーラを放ちながら大往生したルネのお母さんに敵う人は、
ちょっと見当たらないわね。

| pcommeparis | 2013/10/16 16:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/180-a71aba90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT