PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南仏プロバンス探検隊

南仏プロバンスに滞在中の為、
P comme Paris
に代わって
P comme Provence
がお送りします。

リュベロン地方(Luberon)の広大なさくらんぼ畑にポツネンと建つ、義兄夫婦の家。

冬が長かった今年は、
[さくらの花盛り]には10日遅れ、
[さくらんぼ食べ放題]には10日早い、
グッドタイミングを思い切り外した滞在です。

私と同じく、日仏ハーフの娘を持つ友人親娘が一緒なので、フランス語と日本語、更に、大阪弁が飛び交っています。

取り合えず観光。
赤土(Ocre)で知られるルシヨン(Roussillon)へ行きました。



先ずは義姉お勧めのレストラン
【Chez David】
にて腹ごなし…。

赤土の崖に張り出すテラスからの眺めは絶景です



わわわ…高~!(値段)

一番安い31€のメニュー(それでも、子連れランチの予算を大幅に上回る~)を注文したところ運ばれて来たのは?

前菜 : アスパラガスのプューレ敷き、
セロリとスモークサーモンのカネロニ、青リンゴ添え、バルサミコソース



メイン : 焼き牛肉ロース、
鳥の巣風ポテトフライと季節の野菜添え



デザート : フレンチトースト、
バニラアイスクリームと赤い果物のソース添え



と、見て納得・食べて納得の文句無し本格だったのです。
(グルメの義姉、流石のチョイス)

満腹になって、さあ!1人ずつ入場料の2€50を払って赤土の上を歩こう!!!と張り切ったけれど、観光地化してしまったルシヨンは、あまりにも混雑していて拍子の抜けた私達。

そのまま車に飛び乗って、南仏コロラドと呼ばれるRustrelへと向かいました。

南仏コロラドでは駐車料2€50(1台)を払い、赤土の丘を思う存分楽しめます。



自然の驚異、不思議な土の色!


 この赤土はキメが細かいので、靴が1足駄目になる覚悟でお越し下さい。


 クリックに感謝 Merci 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

ブログの訪問、ありがとうございます。
お気に召しましたらこちらもポチッと
S'il vous plaît


Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 22:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

そのレストラン、ルレ・エ・シャトーの本に載ってそうじゃない?!
おいしそうだわ〜♪
プロヴァンスの土って、すっごいオレンジ色よね。
土もオレンジなら、家もオレンジ。
プロヴァンス風のものがみんなオレンジ色ベースなのも納得!って感じ。
そして、時が少しゆったり流れる感じも好き。
でも、きめの細かい土はコンタクト装用者にはちょっと辛いかも(笑)。

| 愛されている妻 | 2013/05/09 05:42 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/09 06:36 | |

No title

南仏の香りをありがとうございます!(もーここはジメッとしてて…)
私もたぶん、一番安いメニューが31ユーロだと、「げっ」と思っちゃいますね。笑
でも、これはリーズナブルかも!

| 麻 | 2013/05/10 12:27 | URL |

Re: No title

妻さま〜、

南仏行きの醍醐味は、何と言っても義姉のお料理!!!
グルメなだけあって、料理の腕も超一流なの。
ワイングラス片手に、手際よく料理する義姉を、グラス片手にぼーっと見ている役立たずの私...。

南仏は空気が乾燥していて、目が乾いている私は、赤土で遊ばなくてもコンタクトが出来ないの。
髪の毛もゴワゴワで大爆発。(娘にゴーゴンみたいって言われた〜)

| pcommeparis | 2013/05/11 13:19 | URL |

Re: No title

麻さま、

南仏は、とても気持ちのいい季節です。
もうしばらくすると、灼熱の太陽と乾いた空気で丸焼けになります。
31€のメニューは高かったけれど、ティーンエイジャーでも料理の質の高さが分かったみたいで、
いい経験になりました。子連れではもう行かないけど...(笑)

| pcommeparis | 2013/05/11 13:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/156-9f058d20

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD