PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

入院中に一番食べたかった物

娘が退院しました!

入院中、睡眠と休息はたっぷり取った彼女ですが、美味しい物に飢えていました。

病院の食事は、最大手の給食会社Sogeresが配給。

本当に不味いんです。

食事を食べないと点滴を打たれるから、頑張って摂っていたみたいですが、夢に見る程食べたがった物があります。

それは…?

BREIZH CAFE
《Crêpe au caramel maison》

パリに遊びに来てくれた友人M美が、帰る前にもう一度食べたいと言った、至福の食べ物です。

退院したその足で、キャラメルクレープを求めてマレに向かった私達。

大人気のお店なので、早々と予約はしておきました。

13時にお店到着。

雨の所為か、閑古鳥が鳴く周りのブティックとは裏腹に、BREIZH CAFEは本日も大盛況。

飛び入りのお客さんを柔らかく断りながら、店長夫妻が笑顔で迎えてくれました。


店内には楽しいパネルが並んでいます。
外はブルターニュ地方を彷彿させる雨。

注文したのは、そば粉のガレットメニューから、

と、リンゴのお酒シードル
娘はリンゴジュース。

そしてデザートはもちろんキャラメルクレープ。


ピカピカ光るキャラメルの香ばしさ♡
あまりにも美味しいのでアップでどうぞ。


娘にとって、本当の回復期はこれからです。

長い人生、やり直せる事はいっぱいあるんだから、落第くらい何でもないよ。

そう言って聞かせても、融通の効かない頑固な性格は親の譲り。

上手く立ち回れない不器用さも親譲り。

だから彼女のストレスは、分かり過ぎる程分かるのです。

ポパイのほうれん草みたいに、キャラメルクレープのマジックで、この修羅場をどうにか切り抜けられるといいのにね。



 クリックに感謝 Merci 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

ブログの訪問、ありがとうございます。
お気に召しましたらこちらもポチッと
S'il vous plaît


Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・フレンチ | 18:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
娘さん、入院していたんですね。
退院されたとのこと、おめでとうございます。
勉強のストレス、大変なものなのですね。すごく頑張っているんですね。
うちの子達は、すぐ娯楽に逃げてます。
日本はテレビとか、ゲームとかで手軽に満足できるものがあったり、留年はよっぽどのことがない限り、ならないので、娘さんの置かれている環境は、
相当厳しいのでしょう。
日本より自由で充実した教育をイメージしてたんですけど、大変なんですね。
日本はイジメとか、友達関係の方が大変そうです。私のブログにも、リストカットを常習していることが伺える内容の訪問者があって、驚きました。
親が知ったら、悲しむでしょうに…

娘さん、美味しいもの食べて、両親の愛情をたっぷり感じて、早くプレッシャーから解放されるといいですね。

| nonki☆mama | 2013/03/10 15:34 | URL |

Re: タイトルなし

nonki☆mamaさま、

そうなんです。
学校から戻って、具合が悪と言うので病院へ連れて行ったら、
そのまま入院勧告され慌てました。

うちの娘も勉強しないといけないと思いつつ、
ゲームやテレビに没頭してしまって、寝るのが遅くなるんですよ〜。
やるべき事を先にやればいいのに、娯楽に逃げるんですね。

フランスでは高校の終わりに、恐怖のバカロレアと云う試験があります。
大検みたいなものだけど、一生に2回しか受けられないので、
子供達は(親も)必死です。
遅咲きの子もいるのに…

でも、日本の思春期もストレスが多いだろうな〜。
リストカット常習の訪問者は、きっと、
nonki☆mama のお弁当の様な、愛情を必要としているんでしょうね。

私も親として何をしてあげたらいいのか悩みますが、
美味しい物を作って、温かく見守ってみます。

| pcommeparis | 2013/03/11 19:05 | URL |

No title

こんにちは。
お嬢さんが入院されていたなんて、驚きです。

私は息子が二人ですが、たぶん男の子以上に女の子は、特にこの年頃、精神的に大人な分だけ男の子以上にいろんな心の悩みを抱えているのではないかと思います。いえ、男とか女とかそんな問題だけではありませんね。男女にかかわらず、国の違いにかかわらず、子供というものは、大人になるその一歩手前で、とっても不安定で、弱い生き物なのだと思います。

実は私の次男も、高校の受験前、いろんな不安があったのか、入院こそしませんでしたが原因のわからない食欲不振、体調不良に悩まされ、少しでも心の不安を取り除ければと15歳にして大腸がん、胃カメラ、あらゆる健診を受けたことがありました。そして受験の朝、私は彼を抱きしめ、受験会場へと見送りました。
私の息子も実は頑固で、いくら『大丈夫!』と言っても、『もうだめ』と言って聞かなかった。
今でもちょっと、心の弱いところはありますが、19になり、新しい環境の中で、少しずつ大人としての自覚と意識をもって、彼なりに強くなってきたような気がします。
そう、私もあの時彼に言いました。ここで人生が終わるわけじゃない。道はいくらでもあると。

パリジェンヌさん、そしてご主人・・・みんなのあふれる愛情があれば、お嬢さんは絶対大丈夫です!
パリジェンヌさん自身がきっと倒れそうなくらいつらい気持ちでいるかもしれませんが、どうぞお嬢さんを信じてあげてくださいね。

ところで、BREIZH CAFEの、東京神楽坂店、ル・ブルターニュに行ってきましたよ!!(もちろんブログに書きました!)
キャラメルクレープも、めちゃくちゃ美味しかった♡
今度はぜひ、パリのお店で味わいたいですね(*^_^*)

| ママンのきもち | 2013/03/12 16:41 | URL |

Re: No title

ママンのきもちさま

こんにちは。
温かいコメントをありがとうございました。

何時の時代も何処の国でも、思春期って本当に大変ですね。

ママンのきもちさんの息子さんも、上手く説明出来ないストレスが沢山あったのでしょうね。
そしてそんな時のママンの愛情が、心強かったでしょうね。

実際、そう言う時の親の態度が、その先の人生を大きく変えるのだと思います。
私もストレスに弱い質なので、それがよく分かります。
せめて母親である私が、娘のストレスの素にならない様に気を付けないと。。。

娘は学校休暇中なので、今の所はよく食べよく眠り、勉強は全然しないで元気なのですが、
学校開始に合わせて、ストレス対策の心理カウンセリングが休暇明けに始まります。
子供の基本的な性格は変えられなくても、その人なりの「楽に生きる方法」を身に付ける事で、
重荷を減らしてくれればと願っています。

キャラメルクレープ♡パリで食べましょうよ!

| pcommeparis | 2013/03/13 11:01 | URL |

う〜ん! キラキラ輝くキャラメル〜
なんて罪なキャラメル君なの…!

娘ちゃん 退院したのね。
多感な年頃だし、この経験はどんなに慰めようが、どんなに励まそうが 本人にとっては どうにもならないよね。
でもママが娘の気持ちを理解してあげて、パパもママも側にいてあげてる事はとっても大きな支えだよ。
彼女にとって生涯の思い出だね。
退院したその足で一緒にクレープを食べに行ったなんて(^o^)


うちの娘は親の都合だけど、日本からまたシンガポールに戻って来たときに
英語を忘れちゃって、一学年落としたの。やっぱりいろいろあってさ、登校しなかったり…。
でも今はそれなりにやってる。
今度は大学のことで悩んでるわ…

娘ちゃんもこの先 逞しく前に進んでいくよ!



| M美 | 2013/03/16 10:47 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

M美さま、

キャラメルクレープ食べたくなったでしょう〜。

お互い、子供の事で苦労するね。
でも、子供はもっと苦労しているんだろうね。

大人になって楽になる事は一杯あるのに、
それを若い彼女達に説明しても、同感は得られない。

私は力一杯彼女を支えるだけだわ。
頑張るよ。

| pcommeparis | 2013/03/17 11:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pcommeparis.blog.fc2.com/tb.php/145-2b40550b

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD