FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住30年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リクライニングソファーのロールスロイス

先日
ママンさんと一緒に買いに行ったら品物が、
ママンさんのアパルトマンに配達されました。



コードレスリモコン付き
電動リクライニングソファー

ドイツ製です。


87歳になったママンさんは、
午後になるとダイニングの椅子に座ったまま
船を漕いで首を痛める事が多かった。

そこで息子達が母親を説得。
重い腰を上げて家具屋さんへ出向き、
唯一気に入ったのがこちら↑。

枕・リクライニング・フットレストの角度が
繊細に調節可能で非常に快適。
場所は取るけどこれ以上の品は無い。




お店の人が
リクライニングソファーのロールスロイス
と称したのも頷ける。

日本ならさしずめ、
ホームラン王?(古っ!)
って感じかな?

ところがその後ママンさんが、
私が死んだらこれはpcommeparisの物🎶
と宣った。

次男の夫には既に
先祖代々から受け継れる骨董の
使用禁止サロン3点セットを、




三男には食器棚を、




受け継いで貰うのだと何度も何度も念押しする。
長男にはバッサリ断られたらしい(^^;)。

でもこんなデカい家具を置く場所は
我が家にも弟の家にも無いので、
言われる度に困惑の兄弟。

それにね、
折角良いソファーを買ったのだから
元気で長生きして下さいママンさん。

私達は御先祖様の家具に囲まれて暮らす
ママンさんに会うのが嬉しいのだから…。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!


| 国際家族 | 14:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT