FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住30年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50歳の 花嫁

昨日はこの歳になって久々に、
夫の同級生の結婚式にお呼ばれした。


前回の結婚式はおよそ10年前、
子供達が既に11歳と8歳のカップルで、
夫の同級生同士の結婚だった。

なのに彼らはその一年後に離婚し、
一体何の為に結婚したんだ?
と残念な結果に終わった。
彼女は最近女性パートナーと再婚。




友達の結婚式は本当に久し振り~。
先ずは町役場で町長立ち会いのもと
法的な婚姻手続きを行う。
ピンクにトリコロールのタスキが町長



ホットフラッシュで汗をかく花嫁と
髪の毛が寂しくなった花婿。



19歳の長女と17歳の双子
3人の娘達に囲まれている新郎新婦。

これはこれでなかなか良い。

おめでと~!




いつだったか、

フランスには
パクス
と呼ばれる婚姻に準じたシステムがあり
法的なパートナーとして
マリアージュに限りなく近い扱いを受ける


と書いたことがある。


パクスとは要するに
法的な事実婚


パクスで子育てをして、
大分後になってから結婚するカップルが
フランスには非常に多い。

みんな普通にしているけれど
よくよく話を聞くとこれが実は、
カップルのどちらかが我慢している
と言う事が分かってきた。


今回も新婦が、
やっと結婚してもらえたわ
と安堵していた。

うちのご近所さんカップルの女性は、

彼は結婚どころか
パクセすら拒むのよ!

と常に憤慨している。

浸透しているようで
意外にも???なパクス。

結婚したカップルの
3組に2組が離婚するフランス。

結婚にも離婚にもお金が掛かるから、
パクスが良いのかな?
どうなんだろう…。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス人 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT