パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

暮らすように旅する小値賀島

大分脇道に逸れたけれど、
五島列島レポートに戻ります。

姦し3人組が次に訪れた
小値賀島でのメインイベントは、
翌日予定されていた
廃墟化した無人島野崎島行きと
小値賀島の古民家宿泊だった。

到着した日はレンタカーを借りて、
小値賀島サクッと一回りした。
20170506054300ac4.jpg

ここでクイズです。
小値賀島で見ることができるこれは
さて一体何でしょう?
答えは後程。

そして雰囲気はそっくりだけれど
白砂海岸


赤砂海岸


両方があり、
海の透明度は高く非常に美しい。


が、
島の悩みは漂流物。
漢語韓語ラベルのゴミの山が、
海岸線に流れ着く。
いや、
あれは生活ゴミ以上の物体で、
もはや粗大ゴミ。
どうしてこんな物が大海原に
捨てられるのか理解出来ない。
ゴミ拾いのボランティアは常時大募集中だそうです。

野崎島と向かい合う位置には、
遣唐使達の船出を祝い見守った
地ノ神島神社の鳥居がある。


遣唐使!!!
歴女のKが遠い目をした。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

最初の写真の答え
ポットホール
海岸の岩に嵌った大きな石が
とてつもなく長い時間を掛け波に削られ、
真ん丸になった。
それを穴の上から覗いたのがこれ。
動物の目に見えてちょっと不気味だ。

| 日本の事 | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |