2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セバスチャン・ゴダールでお茶をする

昨年のファッションウィークで御目に掛かった美貌のパティシエ
セバスチャン・ゴダール

あの時はまだ準備中だった彼のティーサロンがオープンして以来、近くに行くと立寄っている。

彼の作るパティスリーは、フランスの伝統菓子達。





この国に昔から伝わるパティスリーには 、ゴダール氏のこだわりが込められ、ひとくち食べる毎に幸せな気分にしてくれる(私の場合)。コーヒーを頼むと一緒に出てくるエビアンのボトルが、ワンカップ日本酒みたいで可愛い

宝石箱のようになピエール・エルメのお菓子とは正反対の簡古素朴。化学的な着色料や香料を使わない自然の色と自然の香りは優しく、甘さも何方かと言えば控え目。

アンティークの家具がさり気なく置いてあるサロンは、おばあちゃんの居間みたいに、静かで穏やかな時間が流れている。



店員さん達もクラシカルな美しさを漂わせる人を集めたと見られ、バレエダンサーらしき全身ハンサム君が、フロアで軽やかに動いていたりする。

ゴダール氏の求めるものは《 古き良き時代のパリ 》なのだろうか、クリスティーの書いたミス・マープル物「バートラムホテル」の中で描かれているような、昔を懐かしむ人々が涙を流して喜びそうなお店。

運が良ければGパン姿のゴダール氏自身が、自らサービスしてくれるかも知れない。

Sébastien Gaudard
Pâtisserie Salon de Thé des Tuilerie

1 place Pyramides 75001 Paris
01 85 08 82 86


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・甘味処 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | Ancien