2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよなら



「Au revoir」の和訳は「さようなら」。
どちらかと言えば「また会う日まで」の意味だけど、一般的には「さようなら」。

でも私は、
さようなら
という言葉が嫌いだ。

かなり前にパリの某和食材店で、買い物をして店を出ようとしたら、レジの日本人に「サヨナラ~」と言われ、違和感を覚えた。

こういう時フランスでは「Au revoir」と言うけれど、日本ならお客さんに「さようなら」は言わないよね。

幼稚園や小学校でも「先生さようなら」のご挨拶をする割りに、実生活の中での使用頻度は、極端に少ないような気がする。

そもそも、恋人から「さよなら」って言われたら、大概の人はショック受けるぞ。

フランス人が「Au revoir」を言う場面で、日本人は臨機応変に言葉を使い分ける。
「御免下さい・御機嫌よう・お疲れ様でございました・有り難うございました・失礼致します・行って参ります・行ってらっしゃいませ etc…」

嗚呼、日本語って美しい。

この先は突如重苦しい内容になるので、折りたたみます。
年末年始の華やいだ気分壊すこと間違いないので、続きの Read More を開く際はご注意下さい。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今年も一年頑張る事が出来ました。
来年の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

≫ Read More

| 国際家族 | 12:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | Ancien