FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住30年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

福島第一 その後

私が子連れで里帰りをすると聞いたパリの友人Mから、
子供を関東地方に行かせるなんてとんでもない!!!
と、怒った声で電話がかかってきた。

福島の原発事故以来、
日本全国の放射能汚染を危惧して自分の娘を日本に行かせない彼女は、
日仏ハーフの9歳の娘を持つ関西人。

私も、出身地が有名になった人のブログ
のおかげで、
政府の無能さや政治家達のエゴ、
地元一般市民の方達の困惑、報道の大嘘は百も承知なんだけど。

実際フランスでは、
福島第一は、チェルノブイリ以上の被害をもたらす恐れがある。
と、伝えられているし.....

Mが今度はこれを見るようにと、
ぬまゆのブログ(その3) クリックどうぞ
をメールで送ってくれた。
福島の女性が、ご自分の健康状態など身の回りの出来事を綴っている。

これって、見れなくなったブログだ!健在だったんだ!!!
ならば早速閲覧.........

( ̄◇ ̄;)
ここに書いてある事が全部放射能の仕業だとしたら、
かなりまずいんでないかい?

折しも、
昨日発行のDirect Matin(メトロで配布されている無料新聞)
こんな記事が載っていた。




不安のない旅行は出来るか?
日本のリスク : 福島原発周辺の放射能汚染のおそれに関しては、はっきりと標示されている半径20km圏内への、一般市民の侵入は現在も禁止。《非難奨励区域》も指示されている。その他の国土についての規制は皆無。該当地域からの食品は検査済み。

と、どうにでも受け取れるビミョ~な書かれ方。
該当地域って何処までですか?

20kmと言ったらパリの中心部から、
ロワシー・シャルル・ド・ゴール空港やベルサイユ宮殿までの距離に等しい。
とてつもなく狭い区域でしか過ぎない20km圏内のみの規制。

これで納得するのかフランス人?



 クリックに感謝 Merci

| その他 | 14:31 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |