パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさかまさかの大学事情

ご無沙汰しております。

とんでもない事が起きました。
私のテンション急落下。
それに伴いランキングも急落下。
喝入れの為に↓ポチッと
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
お願いします~。


さて、事の起こりは8月末日の朝。
ノンビリと南仏アルプスの夏休みを送っていた私達の元に、一通のメールが届きました。
送信元は某フランス国立大学。

パリの私立大学で一年生の過程を終えた娘が、学部変更の為に9月から編入する予定だった大学です。

各位殿、

この度当大学は予算不足の為に、○○○学部を閉鎖する事となりました。ご理解をお願い致します。

尚、同じ学部を設けるフランス国立大学は、以下の通りです。
・パリ第8大学
・レンヌ大学
・トゥールーズ大学
・エクス マルセイユ大学
・クレモンフェラン大学
以上。


なんですと?
と青ざめた顔を見合わせた親2人。
そのまま荷物を引っつかんで車に飛び乗り、速攻でパリに戻って参りました。
ネット環境が悪い山にいては、詳細を調べる手段がありません。

通常、大学への入学申請は7月半ばで締め切りです。今更どうなるの?

パリとクレモンフェランには初っ端から無視され、
レンヌには、学長宛に手紙を書いてくれ(何の保証も無いけれど)と言われ、
エクス マルセイユとトゥールーズからは受け入れは可能だけど、出来るだけ早く書類を持って来て欲しいと言われ、

私は娘が横浜に持って帰った健康保険カードと身分証明書を取りに、パリ東京を往復しました。
これで書類は全部揃ったし、残すは手続きのみ。
今週、エクス マルセイユ大学の事務所がある、エクサンプロヴァンスに行って来ます。

再びの南仏行きです。
ついでだから、バカンスシーズンの終わった山に寄ろうと思います。

信じられない事が普通に起こる、とんでもないお国柄フランス。
疲れる…
娘がつつがなく入学出来るよう、お祈り下さい。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの学校 | 15:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バカロレアのその後



受かりました。

心配かつ応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

リセ生活の継続が危ぶまれる程ストレスに押し潰された娘だけれど、入院直後から始まった心理療法の医師団や学校側の理解、そして沢山の友達に支えられて無事ここまで来ました。

症状の改善は心理療法だけだった娘と違い、数ヶ月前から全く眠れなくなってしまったお友達ジェニちゃんは、バカロレア受験までに心理療法をする時間的猶予が無かった為に、薬漬けでバカロレアに挑み合格。彼女は、来期一年間を休息の年にすると聞きました。

ジェニと娘はお互いの事を褒め称えながら抱き合って泣いており、ママンも思わずもらい泣き。

ストレス過敏・不安症候群・パニック障害などの理由で躓いてしまう思春期の若者は大勢いるけれど、長い人生の限りなくスタート地点に近いところで、残りの人生を決めてはいけないと改めて感じます。

進学してもまだ暫くは、心理療法を受け続けるつもりの娘。
誰もが持っている弱点、それを把握して認める事、自分自身を良く知り分析する事の重要さを思い知ったとかで突如方向転換、臨床心理学の分野へ進みたいのだそうです。

要するにフロイトだとかの方面なのですが、元々希望していたファッション業界よりも、そちらの方が向いているのではないかと私も思ったりして、まあ、人生ってなるようになるものなのかも知れません。

追記ですが、娘には心理療法のお医者様のアドバイスに従って、各教科にコーチを付けていました。だから家庭教師派遣センター Complétude に依頼したのは家庭教師ではなくてコーチ。その出費たるや計算するのももはや怖いくらいなのですが、それが功を奏してバカロレアでは周りを唖然とさせる結果を出したのです。学年ブービー賞を争っていた子が、本番でイキナリみんなをゴボウ抜き。

その快挙を殆どの友達が、
やったねモモ!本当は頭良かったんじゃん。
と一緒に大喜びしてくれた中で実は、モモがズルしたのではないか、と中傷した友達?もいました。
こーゆー時に友達の本物と偽物が判るね。
と娘。
確かにそうなんだけど、あの子だって、私達が払ったコーチング代を聞いたら絶対黙るよね。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの学校 | 10:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

息抜きは大西洋

リセ最終学年の娘、
バカロレア試験が終わってからは
遊びっぱなしです。

終わった日の夜は友達15人と、
サンラザール駅からルーアン行き
電車に乗ってヴァルちゃんの別荘。

そこで夜明かし打ち上げパーティ、
翌日電車でパリに戻ると
エド君のアパルトマンで打ち上げ。

一旦帰宅してみんなでクラブへ…。
午前4時過ぎ帰宅。

その日は一日中ダラダラ過ごし、
翌日から10人で大西洋に向けて
モンパルナス駅からTGV。

駅まで車で送ろうとしていたら、
テオ君のご両親が迎えに来て
そのまま行ってらっしゃい。
暫しの別れを惜しむつもりが
呆気なく行かれてしまいました。

行き先はボルドーに近い海辺の町
Arcachon アルカションです。



一軒家を男の子5人女の子5人で
10日間賃貸しての共同生活。
借りる手配は親達がしましたけど。
交代で炊事掃除買い物をするので
男女平等は完璧に守られているとか。

アルカションからパリに戻ってからも、
二回に渡って大西洋海岸部へ行く娘。

友達の別荘へのお呼ばれなので、
パリジャンの別荘保有率の高さ
を再確認です。

別荘は大概海辺。
海好き人口が山好き人口を遥かに
越えているフランス人。

中には海山両方に別荘を持つ
余裕~のご家庭もある訳で、
それはやはり
時間とお金に恵まれた人達の特権
とは言え、
バカンス大国フランスは健在
なのでありました。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの学校 | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バカロレア受験中の娘を応援したくて、ちょっぴりお料理に力を入れてみた。

水曜日の哲学を皮切りに
始まったバカロレア

翌木曜日は歴史学地理学、
今日金曜日は英語。

来週月曜日は経済学、
火曜日にスペイン語、
最終日水曜日は数学だ。

哲学の問題は
個人の意識と現代社会が与える影響
歴史学は
1960年代後半のアメリカ合衆国
地理学は国際化について
出題された。

一日一教科、
所要時間は4時間。
日本のテストと違って、
文章を書き続ける
なんだか論文みたいな感じ。

頭悪いし外人だし、
試験勉強に全く役立たずな母は、
毎日へろへろで帰って来る娘を
役立たずなりに応援したくて、
普段は適当にやっている飯炊きを
かなり真剣にやってみた。

試験前日
豚ヒレ肉のプルーンファルシー
水曜日のオリーブチキン
木曜日の豚スネ肉のコンフィ
金曜日の鯛のオーブン焼き




この鯛のオーブン焼き
《 妻さまブログ》で紹介された、
下拵えも簡単オーブン一つで出来る
主婦お助けメニュー。

これが夫に大ヒットして
週一回は作ってる私。

毎回違うハーブやオイルで、
風味を変える工夫は怠らない。
(娘と私は醤油かけちゃうけど)

使うハーブは、
エストラゴン・アネット・シボレット・
ソージュ・ロマラン・バジリコ他
何でもよく合う。
日本語ではどう呼ぶんだ?
ソージュはセージでロマランはローズマリー。


オイルはオリーブ・ゴマ等。

上にアーモンドスライスを乗せて、
クリスピーに焼いたのもイケた。

下敷きの玉ねぎスライスに、
人参・ジャガイモ・フェネル・
ズッキーニetc気分で混ぜてもよし。

妻さま、毎度お世話になってます。

我が家のSOSメニュー、
オリーブチキンは超簡単。

オリーブオイルで鶏肉に焼き色を付け
オリーブ(何色でも良し)を投入。
塩胡椒したら白ワイン入れて蓋し焼き
鶏肉に火が通ったらトマトを投入、
仕上がりにバジリコ。
付け合せはパスタが美味しい。

かなり真剣にやったとしても、
大した事なかったりして…。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリの学校 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セーヌ川船上、リセのさよならパーティ

なんか贅沢っぽいよなぁ、
いくら私立とは言え…。

昨夜は
学校主催船貸し切りの
リセさよならパーティ
でした。

船は二階建てなんだけれど、
一階は18禁。

要するに、
既に18歳の誕生日を迎えた
成人の生徒のみが、
酒を飲めるぞと言う場所。

18歳以上の生徒を見分ける
必殺手形は、
切らないと外せない腕輪。

運命の分かれ道は、
誕生日なのでした。

これからパリで子供を産んで育てようと云う方は、
六月前を誕生日にしてあげると後で喜ばれます。
多分…。


それにしても、
学校主催でここまでやるとは、
フランスの学校ってホント
寛大、理解あります。

ここでちょっと息抜き?して、
バカロレア本番を頑張れ!
と言う事なんだろうか。

皆と朝日を拝んで今朝
5時過ぎに帰還した娘は、
只今友達と4人で
昼過ぎのクロワッサン中。

生徒達のパーティ前には、
リセ最終学年の親を集めた
カクテルパーティが
学校のお庭で開かれ、
夫と私も行きました。

一昨々日は、
学校のチャペルでコンサート。

娘はゴスペルチームに参加。
でも目玉は少年合唱団。



フランスでも結構有名な
この学校の少年合唱団の、
天使の歌声を聴いて来ました。

娘のリセ生活も、
バカロレアに受かれば
これで終わり。

大変な時期もあったけれど、
沢山の良い友に囲まれて
幸せだったと思います。

でもでもでも、
バカロレアに落ちたら
最終学年やり直し。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!





| パリの学校 | 13:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT