FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

国際結婚・ハーフの子育て・パートのお仕事に奮闘しながら、パリ暮らし満喫を目指す。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノートルダム大聖堂炎上

ニュース速報

ノートルダム寺院が燃えています。






尖塔が火に包まれている悪夢。





尖塔は20時頃、
燃え落ちました。





キリスト教カトリック寺院だけど、
皆様、
神様仏様に祈って下さい。

早く鎮火しますように…。

| フランス時事通信 | 18:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルロス・ゴーンのルノー辞任金と年金

日本で拘留中の元日産代表

カルロス・ゴーン



franceinfoから借用


遂にルノー代表を辞任したと、
メディアが速報を流している。


そして
注意を浴びているのは?
その辞任金。




200000000€

と報じられた。

今の為替円に換算すると



250000000円也。



なので簡潔に表すと
250億円相当

ついでに
今後彼に支払われる年金は、




800000€/年

一億円/年





ゼロが多過ぎるわ…。






ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 09:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は自宅待機

今の所土曜日限定の
フランス黄色いベスト暴動

我が家からメトロで数駅の場所は
戦場か?
と思うくらいドえらい事になっている。


シャンゼリゼから見る普段の凱旋門

凱旋門付近に住む友達は
帰宅難民となってホテル泊。

トロカデロ付近に住む友達の娘は
リセの帰り道に恐怖で泣き出した。

日本大使館から10歩の場所では
外交官ナンバーの高級車が炎上。

北マレのボヘミアンシック地区も
今回は標的となったけれど、
騎馬警官隊に恐れをなした黄ベストは
束になって逃げたらしい。

馬を虐めたら反撃に行く‼︎‼︎‼︎
と宣言していた娘は、
自宅待機で出動せずに済んだ。



この黄色いベスト
車に乗る全ての人に
法律で義務化された蛍光色の携帯品。

そう、私も持っている。

その気になれば
今週末からも参加が可能なの。

手軽に参加できしかも
指導者が存在しないこの暴動は、
簡単には収まらない。

なぜなら
中には多くの愉快犯がいるから…。

マクロン大統領がどう出るか
皆息を飲んで見守っている。



自宅待機の土曜日、
前から気になっていたレシピに挑んだ。



毎度お馴染み愛される妻さまの
やばいポテト

と妻さまのブロ友でレシピ提供の
りぷママさんの
じゃがいものオーブン焼き


やばいと言うよりも
やばすぎでしょうこれ。

キッチンで娘と2人爆摘み食いして
テーブルに並べる前に半減

やば~。



妻さまりぷママさま、
ありがとうございました。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 12:12 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【 CIE アソシエーション 】ボランティアの甘い誘いと苦い罠

南仏のきれいな空気の中で
古跡の修復をしませんか


あなたもこんなボランティア募集を
見かけた事があるかも知れない。




昨年の夏、
南仏アルプスのお祭りで
2人の日本男児に出逢った私。

このド僻地に
自分以外の日本人いるなんてオドロキ!

と近づいて話しかけてみると、
大学の掲示板で募集を見て
5万円の参加 +
日本−パリ−マルセイユ往復航空券

を自腹で払い、
ボランティアをしに遥々
日本からやって来た
CIEの活動に参加中の大学生
でした。


娘と同じ歳のボランティア君歓迎!
と屋台の仔羊肉ソーセージBBQを
奢ったら涙腺を緩めた日本男児。

一体どうしたの???



これは現代版少年十字軍はたまた
ハーメルンの笛吹きか?

と思わせる理由だったので、
告発とまではいかないけれども
警告をさせて頂きましょう。


ボランティアに来たはいいけれど、
示された条件と現実が違いすぎ。
想像を絶する過酷な環境下の
タコ部屋状態。


宿泊・食事はCIEが供給
宿泊→1人用テントに寝袋を渡され
屋外キャンプ場で寝泊まり
食事→ボランティア参加者が順番に調理。
パスタばかりで肉魚類は全く無し


10日のボランティア
朝起きて車で現場へ運ばれ作業
昼迎えが来てキャンプへ戻りランチ
食後再び現場へ運ばれ夕方まで作業
7日目の祭りの日まで休み無し


作業内容
12世紀の建造物を囲む石垣の崩れを直す
真夏の太陽に照らされる屋外作業に
水の配給無し


因みに

・南仏と言っても気温の低い高原地帯、
テントと寝袋だけでは寒い寒い。

・このキャンプ場の周りに店は無く、
ミネラルウォーターも買えない。

・交通機関は車しかないので、
キャンプ場から身動きが取れない。
要するに、
逃げたくても逃げられない。

・タンパク質が全く供給されず、
食事は具無しパスタ(ベジタリアンですか?)
ばかりで肉体労働が辛い。

・同行のCIE代表責任者が頻繁に交代。

・CIE代表責任者達は作業せず。
夜はつまみのサラミと酒で宴。
(エコロなベジタリアンかと思ったら
なんだ、肉あるじゃん)

タバコではないタバコ!を吸い回し。
(それ、一応犯罪ですから)


とまあこんな感じです。

日本からは女子大生も単独参加で
計3名の日本人。

真面目に頑張っていたけれど、
お祭りで思い掛けなく私に会って
久し振りに肉を食べて、
我慢が堰を切ってしまったんだね。



CIE

このアソシエーションの正体は、
2017年4月に正式に公認された
リヨンに本部があるエコロジー団体。
Conscience et Impact Écologique

フランスでは公認アソシエーションに、
政府からの金銭的援助や
公的優遇がもたらされるが、
あまり規制はされないので
結構アバウトな団体も存在する。

私が調べ聞き及んだこの団体も、
自然環境保護はいいが
運営陣のまとまりと計画性に欠ける
若者達の集い

レゲエの格好でギターを鳴らす
そんな雰囲気かな。



フランスでボランティア

響はいいけれど、
相手を良く確かめて参加して下さい。


南仏アルプスは、
予備知識を持って訪れれば楽園だし、

修復対象の12世紀の歴史的建造物
メールエグリーズ
この地方の大切なシンボルなので、

ボランティア修復大歓迎!

だからこれに懲りず
次は準備万端で来てね





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!




| フランス時事通信 | 16:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国民的スターの死

ジョニー アリデー
の訃報が報道されて以来、
フランスが号泣している。

うちの管理人夫婦も泣き叫んでいた。

テレビ・ラジオは一斉に
ジョニーを映し語り、
ジョニー一色の24時間。

昨日の葬儀では、
ジョニーの棺を乗せた霊柩車に
6~700台のオートバイが付き添い、
シャンゼリゼ大通り・コンコルド広場
そしてマドレーヌ寺院までの道程を、
何十万人ものファンが見守った。

同時にフランスの各地で、
ジョニーが愛した愛車
ハーレーダビッドソンが集団走行。
暴走族ではありません。

現前元大統領夫妻を始め、
各界から著名人が参列する
まるで国葬。

ジョニーファンは特に
ブルーカラー層が多いことから、
ジョニー好きを公言する
ホワイトカラー層は少ない。

けれど亡くなってみると、
ジョニーを本気で嫌うフランス人が
皆無なのではないかと思うくらい
みんなが哀しんでいる。

ジョニーは特徴のある顔と、
水色の瞳と、
スゴイ声を持っていた。

若いジョニー

若くないジョニー

レコードジャケット一覧から拝借

ジョニーのファンは三世代に渡る。

コンサート会場には
爺ちゃん父ちゃん息子が揃って訪れ、
大熱狂していた。

多分こんな超国民的アイドルは、
二度と現れないと皆が感じている。

肺がんを公表してから約半年、
あっという間の死だったけれど、
逝く時ですら大スターらしい。

コンサートのアンコールの如く、
スタンディングオベーションで
フランスに見送られた。

合掌



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT