| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【動画】速報 2017年仏大統領選開票結果をTVで観よう!

フランス人がかぶりつきで観た
このテレビ画面をご覧下さい。



この後の討論会は観ていて
なんだかなぁ…。
フランス大丈夫か?

って感じでした。
やれやれ。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 20:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロンのゲイ疑惑とフランス大統領選のマスコミ勝ち

節操もなく
エマニュエル マクロンを推していた
フランスのメディア。

ジャーナリストの贔屓はあからさまで、
終いにはテレビラジオを点ける気も、
完全に喪失させられていた。

マクロンの裏の恋人と噂された
マッチュー ギャレ氏は、
泣く子も黙るラジオフランスのCEO。
(現に、マクロン側近とFrance Infoのアパティ氏が
ファーストネームで呼び合う仲なのを、
今朝しっかとこの耳で聞いちゃったもんね。)

マクロンがここまで持ち上げられる
理由は分からなくもないが、

報道とは情報を平等に伝えるべきもの
な筈。

でもメディアが最強の権利を持つ今日、
視聴者が自分の頭で情報を分析しなくては
洗脳される一方だ。

二大政党が敗北した大統領選挙。
特に、
現大統領の政党代表支持が6%って
どういう事???

オランド大統領が自政党を見捨てて
マクロンを支持していたのは、
それだけマクロンに将来性がある
という事になる。

政治家は誰しも、
我が身を守る事に全力を注ぐ。

政党的には弱小のマクロンに
今のうちに取り入っておけば、
彼の政府で重要な地位に就ける
かも知れない。
それで左だけでなく右からも
マクロンに寝返る政治家が多い。

政治的立ち位置をハッキリさせない
選挙作戦は成功し、
オランド政治を引き継ぐ
マクロンが大統領に決まっても、
その直後に控える議員選挙で
どの政党が勝つのか分からない。

決戦で対決する
マリーヌ ル ペンに勝ち目は殆ど無い
と言われている。
でも何方が勝っても、
フランスで前代未聞の大統領。

片方は極右の女性、
もう片方は左寄り中立派の39歳、
ついでにファーストレディは64歳。

ふた周り歳上のブリジットは、
若くてハンサムな夫に並ぶと
少々痛々しさはあるものの、
感じの良い2人である。

マクロンのゲイ疑惑が、
実はただの疑惑ではない
と言うのがゲイ界周知の事実
とゲイ友が言っていたけれど、
2人の結婚が偽装結婚だとしても、
仲が良いのは見て分かる。
でも、
世渡りの為の嘘八百はウンザリだ。

だから私は、
彼の1日も早いカミングアウトを望む。
そしてそれが政治的に不利でない事を
証明すれば良い。

自称右派でもなく左派でもなく、
テロ異性愛者でもホモ同性愛者でもなく、
何もかもが曖昧なエマニュエル君。

フランスの保安と安全の確立に、
是非とも頑張って頂きたい。

でも、税金はこれ以上上げないでね。

長々と最後まで読ん下さって、
ありがとうございました。

ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 11:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【今度はベルリンのクリスマスマーケット】続くキリスト教関連を狙うイスラムのテロ。

通り掛かりで結構です。
ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


ニースの海岸で行われた花火の見物客の群れに一台のトラックが突っ込み、300名近い死傷者が出たのは2016年7月14日パリ祭の夜だった。

定年退職したカトリック宗教者達が穏やかに暮らしていた、モンペリエに近い小さな町の専用特別老人ホームが襲われたのは先月の24日。

カトリック教会で日曜のミサの真っ只中に、25人以上が爆死50人以上が重軽傷を負ったのは、今月11日エジプトのカイロでのテロ。

そして昨夜、ベルリンのクリスマスマーケットに、再びトラックが突っ込んだ。
テロ犯と見られたのは、2015年12月にシリア難民に紛れ込んで入国したパキスタン人。
トラックを運転していた人間ではなかったということで、↑彼は後日釈放されました。

ドイツのメルケル政権と一緒に、両手を広げて難民を迎えた人道的社会派フランスのオランド政権。
最終目的は正しくとも、あの様に安易な形でイスラム圏との国境を大きく開けた事で、テロのリスクが高まる事を意識しなかった政府関係者がいなかったは思えないんだけど…。

ま、どちらしても、常にボディガードに護られる政治家の皆さんに政治生命の危機感はあれど、本当の意味での命の危険はあまり無さそう。
これまでの直接の犠牲者は市井の民ばかりだものね。

フランスの厳戒態勢は延長され、パリの街中には迷彩服で銃を抱える軍人さんが闊歩している。
シャンゼリゼのクリスマスマーケットには、お馬のお巡りさんもいるらしい。


メトロで配布される無料新聞、Direct Matinから拝借しました。
Direct Matin サイトの[Le journal du jour]ボタンから、
本日の新聞(仏語)がダウンロード出来ます。


うちを出て10m歩いた角をまがった道でも、迷彩服の軍人3人組に出くわす。
近くに護ってくれる存在があるのはありがたい。
護られる安心感よりも狙われる不安感の方が、何十倍も何百倍も大きい。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!



| フランス時事通信 | 13:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【速報】フランス右派党首選挙

フランス右派LRの党首が決まりましたね~。


orange.frより拝借

一次投票で、サルコジ政権時代の首相フランソワ・フィヨンの優勢は明確になっていました。
フィヨン 44.1%
ジュペ 28.6%
サルコジ 20.7%
以下省略…

二次投票では、3位以下の候補者票がフィヨンに流れました。
フィヨン 66.5%
ジュペ 33.5%

一次投票前日までのフランスメディアは、挙ってアラン・ジュペの優勢を報道してはいました。
でも、英国のEU脱離と米国の大統領選の結果がある今、メディアの報道を真っ向から信じるフランス人は皆無。
一次投票の速報を見て、やっぱりな…とみんなが呟いていました。

同じ右派の政党内でも、フィヨンは右寄りジュペは限りなく左寄り。

これでフランス次期大統領選の流れが、ある程度予想出来るかも…と言うことで、揉み手をしながら左派PSの自滅を待っていた極右FN党首のマリーヌ・ルペンも、危機感は感じている筈です。


【 おまけ

選挙結果もフランスの未来も、どーでもいい者約1名。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 12:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トランプですかい?

20161109213413e1c.jpg
フリー素材のGATAGさんから拝借

アメリカ合衆国の45代目大統領が、共和党のドナルド・トランプに決定した。

と、105.5 FRANCE INFOニュース専門の国営ラジオ局のジャーナリスト達が、微妙~な語り口調で放送をしている。

国営だから当然左派支持のこのラジオ局は、フランソワ・オランド現仏大統領の支持率が10%を下回っても、左派支持の姿勢は崩さない。
フランス大統領選挙を目前に、英国のBrexitに続き、ナショナリズムを選択した米国の影響を受ける事を懸念しているのが見え見え。

トランプ当選を受けて、極右の国民戦線党代表マリーヌ・ルペン女史は超強気になり、右派LRの元大統領ニコラ・サルコジーは変に張り切りだした。オランド大統領は、「フランスは社会主義国の未来に向けて、この度の米国大統領選から学ばなければならない。」と演説をしたけれど、もう遅いって。
オランドが時期大統領選の社会党代表に選ばれるかどうかは疑問なので…

トランプが立候補した時は、皆、何かの冗談だと思った。
トランプが共和党代表に決まった時も、何かの間違いだと信じた。
トランプが大統領に決まって呆然。

世界情勢の今後に不安はあるけれど、フランスメディアの反応が面白過ぎて、今日はラジオに釘付けです。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 13:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD