| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【今度はベルリンのクリスマスマーケット】続くキリスト教関連を狙うイスラムのテロ。

通り掛かりで結構です。
ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


ニースの海岸で行われた花火の見物客の群れに一台のトラックが突っ込み、300名近い死傷者が出たのは2016年7月14日パリ祭の夜だった。

定年退職したカトリック宗教者達が穏やかに暮らしていた、モンペリエに近い小さな町の専用特別老人ホームが襲われたのは先月の24日。

カトリック教会で日曜のミサの真っ只中に、25人以上が爆死50人以上が重軽傷を負ったのは、今月11日エジプトのカイロでのテロ。

そして昨夜、ベルリンのクリスマスマーケットに、再びトラックが突っ込んだ。
テロ犯と見られたのは、2015年12月にシリア難民に紛れ込んで入国したパキスタン人。
トラックを運転していた人間ではなかったということで、↑彼は後日釈放されました。

ドイツのメルケル政権と一緒に、両手を広げて難民を迎えた人道的社会派フランスのオランド政権。
最終目的は正しくとも、あの様に安易な形でイスラム圏との国境を大きく開けた事で、テロのリスクが高まる事を意識しなかった政府関係者がいなかったは思えないんだけど…。

ま、どちらしても、常にボディガードに護られる政治家の皆さんに政治生命の危機感はあれど、本当の意味での命の危険はあまり無さそう。
これまでの直接の犠牲者は市井の民ばかりだものね。

フランスの厳戒態勢は延長され、パリの街中には迷彩服で銃を抱える軍人さんが闊歩している。
シャンゼリゼのクリスマスマーケットには、お馬のお巡りさんもいるらしい。


メトロで配布される無料新聞、Direct Matinから拝借しました。
Direct Matin サイトの[Le journal du jour]ボタンから、
本日の新聞(仏語)がダウンロード出来ます。


うちを出て10m歩いた角をまがった道でも、迷彩服の軍人3人組に出くわす。
近くに護ってくれる存在があるのはありがたい。
護られる安心感よりも狙われる不安感の方が、何十倍も何百倍も大きい。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!



| フランス時事通信 | 13:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【速報】フランス右派党首選挙

フランス右派LRの党首が決まりましたね~。


orange.frより拝借

一次投票で、サルコジ政権時代の首相フランソワ・フィヨンの優勢は明確になっていました。
フィヨン 44.1%
ジュペ 28.6%
サルコジ 20.7%
以下省略…

二次投票では、3位以下の候補者票がフィヨンに流れました。
フィヨン 66.5%
ジュペ 33.5%

一次投票前日までのフランスメディアは、挙ってアラン・ジュペの優勢を報道してはいました。
でも、英国のEU脱離と米国の大統領選の結果がある今、メディアの報道を真っ向から信じるフランス人は皆無。
一次投票の速報を見て、やっぱりな…とみんなが呟いていました。

同じ右派の政党内でも、フィヨンは右寄りジュペは限りなく左寄り。

これでフランス次期大統領選の流れが、ある程度予想出来るかも…と言うことで、揉み手をしながら左派PSの自滅を待っていた極右FN党首のマリーヌ・ルペンも、危機感は感じている筈です。


【 おまけ

選挙結果もフランスの未来も、どーでもいい者約1名。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 12:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トランプですかい?

20161109213413e1c.jpg
フリー素材のGATAGさんから拝借

アメリカ合衆国の45代目大統領が、共和党のドナルド・トランプに決定した。

と、105.5 FRANCE INFOニュース専門の国営ラジオ局のジャーナリスト達が、微妙~な語り口調で放送をしている。

国営だから当然左派支持のこのラジオ局は、フランソワ・オランド現仏大統領の支持率が10%を下回っても、左派支持の姿勢は崩さない。
フランス大統領選挙を目前に、英国のBrexitに続き、ナショナリズムを選択した米国の影響を受ける事を懸念しているのが見え見え。

トランプ当選を受けて、極右の国民戦線党代表マリーヌ・ルペン女史は超強気になり、右派LRの元大統領ニコラ・サルコジーは変に張り切りだした。オランド大統領は、「フランスは社会主義国の未来に向けて、この度の米国大統領選から学ばなければならない。」と演説をしたけれど、もう遅いって。
オランドが時期大統領選の社会党代表に選ばれるかどうかは疑問なので…

トランプが立候補した時は、皆、何かの冗談だと思った。
トランプが共和党代表に決まった時も、何かの間違いだと信じた。
トランプが大統領に決まって呆然。

世界情勢の今後に不安はあるけれど、フランスメディアの反応が面白過ぎて、今日はラジオに釘付けです。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 13:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フットボール人気はわかるけど…、

ユーロサッカー決勝戦、
フランス負けましたね~。

フットボールに興味のない我が家は、
アパルトマンの何処か
(多分3階の父息子だと思う)から
聞こえてきた悲惨な雄叫びで、
フランスの負けを知った。

湧きに湧いたユーロサッカーも
これでひと段落。
フランスが優勝すれば、
フランスが抱える全ての問題も
一気に解消する!

みたいな風潮があったけれど、
甘い甘い。
そんなわけなかろう。

ここまで書いたけれど、
今日はユーロサッカーでなくて、
既に始まっている
20160711191413c62.jpg
ツール・ド・フランスオフィシャルサイトから拝借
自転車競技の話題です。

興味ない人が大勢いらっしゃる事は
重々覚悟の上で、
書かずにはいられない自分がいる。

だからここでページを閉じる方は、
お手数でも↓ポチッをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
Merci ♪♪♪

続けて読む方、
さぁ、行きまっせ~~~っ!!!

昨年は大怪我で欠場していた
新城幸也君が帰って来て、
一昨々日のステージでは、
力尽きるギリギリ最後まで頑張った。

一昨日のステージで連覇ほぼ確実な
クリストファー・フルーム
早くもマイヨジョーヌを取った。

このまま最終ゴールまで、
マイヨジョーヌを持っていくのだろう。

彼のようなスーパースター選手
(所属チーム SKYも最強)の存在で、
ドキドキワクワクな面白味が半減する。

更に昨日のステージ途中で、
アルベルト・コンタドールが棄権。

ドーピングを止めたからか
所属チームが弱すぎるのか、
一時期の強さを失った彼は、
実は私達が行く南仏アルプスにある
山のホテル・マルゴの常連さん。
だから密かに応援していた。

来年は私達の山が
ステージゴールになる可能性もあり、
是非頑張って欲しい。

それでも昨日のステージでの、
前半を灼熱の太陽に焼かれ、
後半を土砂降りの雹に打たれながら
険しい山を登りきって
ゴールをした選手達の格好良さは、
感動モノだった。

自転車競技って、
孤独だけれど一人じゃない。
戦う相手は個人でありチームであり、
大自然でもある。

ツール・ド・フランスから
今年も目が離せない。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 12:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス脱欧州連合可決で密かに発表された【人種/宗教別投票率】



欧州連合 EU、
とうとうイギリスに抜けられて、
ヨーロッパ経済の不安は高まる一方
なのですが…、

フランスでは絶対に出来ない
【人種/宗教別投票率】
がこの度、発表されました。

Répartition ethnique du vote :

53% des Blancs ont voté pour la sortie du Royaume-Uni de l’Union Européenne.
67% des Asiatique ont voté contre le Brexit.
73% des Noirs ont voté contre le Brexit.
58% des Chrétiens ont voté pour le Brexit, tandis que 70% des musulmans ont voté contre.

以上を要約すると、

53%の白人が、脱連合に賛成
67%の黄色人種が、脱連合に反対
73%の黒人が、脱連合に反対
58%のキリスト教徒が脱連合に賛成
70%の回教徒が、脱連合に反対

という事です。

この結果から、
何を思うかはあなたの自由、
何も思わないのもあなたの自由。

私?
私が先ず思った事は、
仏教徒はいないのか?
でした。
多分、いないのでしょう。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| フランス時事通信 | 20:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD