| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パリジェンヌのコルセット

2009年に手術した、L4L5の右側。
L4L5と聞いただけで、フムフム…
と納得した貴方は多分、腰痛持ち
または、医療関係者ですか?

2008年から一年近い期間、
脊柱管狭窄と椎間板ヘルニアで
まともな歩行が出来なかったけれど、
手術の成功で元気になった私。

その後健康を満喫していた筈が、
L3L4の左側に椎間板ヘルニア、
L4L5の右側に関節炎と、
最近ガタガタなんですけど…。

それもこれも、
手術で椎間板を削り取られた後遺症。

椎間板が無いと言う事は、
L4L5の間にクッションが無い訳で、
身体に更なる歪みが発生する。
その上、50歳代になると、
関節炎の可能性
なんだそうです。

本当はね、
腹筋と背筋を鍛えて脊椎を支える
のが一番なのは百も承知よ。

でももう傷んじゃってるから、
応急処置としてのinfiltration を受けながら、
辛うじて生き延びている状態。



加えて時々これを装着せよとのお達し。


パリジェンヌのコルセットって言ったら、
普通こっちでしょ~。

パリジェンヌの何が悲しくて、
こんな物を着けるの私。

色気の片鱗すら感じられない
お医者様御推薦脊椎患者の友
Lombacross Activity
正しい装着法はこちらのVIDEOで

あゝ、
パリジェンヌの道は一体何処に…。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・腰痛 | 12:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逢いたくて逢いたくて

彼に会う日を、
指折り数えて待っていた。

会いたくても会えない日が続き、
絶望的な思いに襲われ、
ベッドでひとり泣きぬれ、
時には悶えていた私。

そしてやっと会えた。
脊椎神経外科医 Dr.ロビン
全予約制 予約がなかなか取れません。

もう腰の痛みなんぞ通り越し、
左脚に麻痺が出始めちゃっていたから、
我慢も限界だったんですよね。

でも、
ロビン様は今日も手際よい処置で、
私を救って下さいました。

二年前と同じ位置に、
椎間板ヘルニアが確認されたので、
二年前と同じInfiltrationを受けました。


注入剤 どれがなんだか分からない。

脊椎注射の針22G 長さは7cm、
近視の私でも裸眼で針の穴が見える太さ。
現物は見ない方が身の為かと思われます。


infiltrationという治療法は、
フランス全土で一般的に行われていて、
腰痛以外に肩や膝の痛みにも対応。
夫はこれで、膝の手術を免れています。

私達の年齢になると、
手術で関節炎が悪化する事もあり、
なるべく手術は避けるのだそう。

こっちが良くなっても、
あっちが悪くなったら、
意味無いもんね。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・腰痛 | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス流 椎間板ヘルニアの治療

AM8時
IRM (MRI) のランデブーで病院へ行った。

外来は朝一だったのか、すぐに呼ばれてラッキー。

事前に渡された質問票に、
あなたは閉所恐怖症ですか?
という項目があったけど、MRIに圧迫感を抱く人はいるだろうな…と思う。
音も強烈だし、とにかく狭い!

この病院の脊椎科、
Clinique Ambroise Paré - Le Centre du Rachis
は評判がいいので、遠方から大勢の患者さんがやって来る。
気になるのは、モダンな主屋の裏にくっついている古びた建物。

これが脊椎科の建物。
この病院の売り物なのにボロっちい。



おまけにテラスで養蜂もしている。



AM9時半
検査結果を持って地下から2階へ上がり、主治医Dr.ロビンとのランデブー。

果たして私の腰痛は、新しくこしらえた椎間板ヘルニアのせいだった。

手術を受けたのは、L4-L5の右側。
今回は一段上の層、L3-L4の左側。

フランスには、患部に直接ステロイド剤を注入する
Infiltration アンフィルトラション
なる治療法がある。

かなり効き目はあるのだけど、その注射自体が痛い。

ロビン様は早速地下に電話して、放射線科に今すぐのランデブーをねじ込んでいた。

AM10時10分
再び地下へ降りると、待合室はラッシュアワー。

AM11時22分
やっと呼ばれてレントゲン室へ…

パンツとブラジャー以外は脱いで生贄台に上がり、うつ伏せになるよう指示された私。

激痛に襲われ、うつ伏せになれない!
でもそうしないと、レントゲンを撮りながらの脊椎注射が出来ない!

泣く泣くうつ伏せになって、じっと我慢。
注射針を背中に刺したままレントゲンで針の位置を確認したら、一気に注入。

おかげで、注射の痛さがうやむやになった。

絆創膏を貼りながら助手席が慰めてくれ、よたよたと涙目で待合室に戻る
と、受付嬢も気遣ってくれたけれど…

支払いしながら、もっと涙が出てきた。

本日の出費
IRM 140€
Dr. 80€
Infiltration 199€

後で健康保険から払い戻されると分かっていても、痛い。
痛すぎる。



 クリックに感謝 Merci

ブログの訪問、ありがとうございます。
お気に召しましたらこちらもポチッと
S'il vous plaît
 

| ・腰痛 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腰痛復活

一週間程前から、さり気ない存在感はあった。

確かに、この4日間は物凄く忙しくて休む間もなく体を酷使していた。

昨日車に乗った途端…
(>o<;)!イ゙ア゙ユ゙ニ゙ミ゙ラ゙ヷロ゙エ゙!!!

車を運転する姿勢というのは、本当に辛いですね~。
家に帰り着くまでの小一時間、
何度車を乗り捨てようと思った事か!

呻きながら運転を続けてやっと家に到着、
即座に阿片配合の鎮痛剤ラマリンを飲み下してベッドに潜り込んだ。

今朝起きて、昨夜みたいに呻いてはいないけれど、立っても座っても痛いのは同じだ。

だもんで、今も海老になって寝ている。

3年前に受けた椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術は成功して、激痛とオサラバできた。
近頃はあんなに好調だったのに...

ゴムバンドを骨盤に巻いて腰を回す体操
クリックどうぞ
自然良能会のバラコン体操
をサボっていたから、
椎間板ヘルニアの再発?
それとも、これはぎっくり腰?


だけど、痛いながらもブログを書く余裕があるという事は、3年前よりましな状態という事。

オプティミストは『しばらく様子を見ようと』考えている。
3年前に、そうやって悪化させた事を忘れてはいないけれど




 クリックに感謝 Merci

| ・腰痛 | 11:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |