FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

永遠のパリジェンヌ道修行に奮闘する毎日

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出たのよ

南仏プロヴァンスの義兄夫妻宅は、
周りに何もない丘の一軒家。


日が暮れた外は真っ暗で、
夜空の星だけが頼り。

静寂の中に、
何かの遠吠えが聞こえた。





葉の生い茂る藤棚の下、
ディナーテーブルで感じた

視線 視線 視線

私達に注がれる熱い眼差し。



真剣に見つめてくるこの小動物は、
LOIRオオヤマネ
と言うらしい。

つぶらな瞳がらぶりー。





同じ藤棚テラスで翌日の昼前、
ロゼワインを飲んでいる所に
飛んで来た
Cousinガガンボ、
cousinはいとこの意味だけど。



昆虫が苦手な方は、
本日この先は本気でお勧めしません。






掃除に一生懸命だねぇ。





そして夕方
藤棚テラスでアペリティフ。
ずっと飲んでる(^^;)



動く壁の点。





ズームアップ





え、これサソリ?サソリだよね?
とうろたえる私に夫が軽く答える。
サソリだね。


((((;゚Д゚)))))))︎




南仏では、
靴を履く前に中を払うがお約束。

ひゃ~


毒性弱くて
刺されても死なないらしいけど、

ひゃ~!





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 16:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南仏プロバンスで大人気の日本人

突然話がひとっ飛びーーー✈︎


して、
南仏プロバンス。



APTの町で大人気の日本人女性がいる
らしい。


我が家が贔屓にするワイン屋さん、
VcommeVin
の跡地にレストランが出来た。


その店で、
台所長を務めるのがそのお方。


和テイストを加味した
アバンギャルドなフレンチメニューが、
店を満員御礼に導いている。


日替わりのメニューは超シンプルに、
ベジタリアンかNONベジタリアン2種。


この日のメニューは、
海老と豆腐のラビオリ甘辛ソース
又は、
野菜と豆腐のラビオリ。
付け合わせは米とサラダだった。




ワイン屋の名残り。




以前はキャッシャーだった位置にBAR。




角打ちがあった反対側の入り口は、
大繁盛のテラス席。




セプチエ広場のお向かいさんで



鮮やかな陶器を売る窯元の息子が
このレストランのオーナーで、
店の名前は、
Café Les Valseuses


ドパルデューとミュウミュウと
パトリック・ブリュエルが出演した
映画のタイトルなのだ。


レストランで食事もしていないし、
映画も観ていない私には
コメントのしようがない店だけど、
今度行ったらランチをしてみたい。


ワイン屋さんVcommeVin は、
APT旧駅前広場にお引っ越し。
店舗拡大絶賛営業中‼︎‼︎‼︎‼︎




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 20:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南仏の大晦日

私達がスローライフを送る
南仏アルプスのアパルトマン。

そこから往復5時間の義兄の所へ、
カウントダウンに行って来た。

今回は義兄の友達の家にお呼ばれし、
手土産のワインを買いに立ち寄った
毎度お馴染みV comme Vin

大工事の為に車両禁止となる
石畳の旧市街地から、
開発が進むSNCF駅の跡地に
お引っ越し中の店舗兼事務所。


気さくな町のワイン屋さんから
シックなワイン商に変貌を遂げていた。
プラタナスの広場にあった
屋外ワインバーは無くなって残念だけど。


いち早くインターネット販売を導入し、
町のワイン屋さんの規模を超えて
旧店舗が手狭になっていたこのお店。
引っ越し完了の暁には、
この巨大な倉庫の棚がワインで埋まる。



駐車場も完備で、
箱買いの客は(私達も)喜ぶ喜ぶ。

買い求めたマグナムを小脇に抱え
義兄夫婦に便乗し、
私達を全く知らないご夫妻の家へ
図々しくもお邪魔した。

感動したのはアパルトマンの建物が、
地上階から4階まで一軒丸ごと
ご夫妻のお住まいになっている事。

ふたりだけの質素な暮らしよ!
と豪快に笑うご夫妻だったけれど、
こんな建物に住んでいる人に
質素と言われてもな~。

屋根裏まで見せてもらい、
階段や踊り場が勝手知ったる
各階二戸に分かれたアパルトマンと
全く同じ造りになっていたり、
裏にはちゃんと台所へ繋がる
使用人専用出入り口がある所に、
一々感動したアパルトマンオタクの私。

大晦日の晩餐はシャンパンで始まり、
カナぺがテーブルを回った。
この辺で既に満腹だったけれど、
10人も集まると話題は尽きずに
お喋りしているうち消化終了。

食卓に移動して前菜を…。
と、
ここで私は貧血を起こし気絶した。
気が付くとシネマルームに寝ていた。
とっくに年も明けていた。

シャンパン一杯でこれはないわ~!
でもこのところ体調が悪かったし
疲れとストレスもMAXだったから、
バカンスで気が緩んだかな。
かくして、
年が明けた実感ゼロの私、
2017年気を引き締めて参ります。

V comme Vin
871 Avenue Victor Hugo, 84400 Apt
営業 9:30~12:30/14:30~19:30
日曜日休業





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 14:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Coquillade

南仏プロヴァンスにある
憧れの高級リゾートスパホテル
Coquillade

20160913001849885.jpeg
photoはCoquilladeから拝借しました。

込み込みのカップル特別価格
700€で泊まった友達夫婦が、
夢の時間を過ごしたと大絶賛していた。

う〜ん、そんな贅沢してみたい!
いや、一生無理かも。。。
などと言っていたところに、
更に魅惑の情報が飛び込んで来た。

Coquilladeは、
ツールドフランスでお馴染みのチーム
BMCの傘下で、
pcommeparis贔屓のワイン
Auretoの広大な畑の中にある。

泊まり客用レンタルバイクは当然BMC製♡

2016091300185016d.jpeg
photoはBMCから拝借しました。

夏のバカンスが明ける度に、
その年のレンタルバイクを叩き売るらしい。

夏の期間中だけ貸し出された、
最新型のロードバイク・マウンテンバイクが
半額。

今年は買わない(買えない)けれど
いつかいつかきっときっと…、と夢を見る。
しかしバイクが軽量高性能だとしても、
乗る人間が鍛えないと意味はない。

頑張れ私。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 16:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横浜→羽田空港→シャルル・ド・ゴール空港→アヴィニョン

横浜に住む娘が、
私達が居る南仏アルプスに来る。

先ずは南仏の義兄夫婦を訪ねる為、
アヴィニョンまで来て貰う事になった。

エールフランス往復航空券と
TGVの指定乗車券は、
親がネットで予約購入し
娘のiPhoneに送信済み。

後は飛行機の出発31時間前に
インターネットチェックインをして、
搭乗券を娘に送信するだけ。

インターネットは凄く便利だけれど、
何万円ものお金を支払う感覚が
全然無いから、
飛行機の座席指定料金50€も
サクッと追加してみた。
ネットショップって本当に恐い。

娘は一人で、
横浜→羽田空港(バス)
羽田空港→シャルル・ド・ゴール空港(飛行機)
シャルル・ド・ゴール空港→アヴィニョン(電車)
を乗り継いでやって来る。

親は娘を拾いに、
アヴィニョンへ向かう。

飛行機の到着が遅れる(よくある)と
その後の予定が崩れるので、
エールフランスさん、
お願いしますよ~!!!

2ヶ月振りに会う娘を、
親は首を長くして待っている。


《 おまけ

彼は日向で寝て待つ。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・南仏プロヴァンス | 14:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT