パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

和製パリジェンヌ押しかけ隊

友達3人で、Sさん宅へお邪魔して来ました。

場所はパリの東、ヴァンセンヌの森に近い最上階のテラスハウス。

前方のプロヴァンス庭園と側面の日本庭園に囲まれたリビングルームは、いつ来ても和とフレンチ基本の世界中が絶妙に調和した、落ち着ける空間です。

そこでとりあえずxxxと乾杯しました。この国でxxxに当てはまるのは、シャンパン、日本ではビールだよね。

和製パリジェンヌのSさん とパリジャンの旦那様は、私の親よりちょっと若いだけなのに、エレガントと言うか粋と言うか自然体と言うか、兎に角、別の生き物みたい。

カッコよ過ぎます。

クリストフルのカテラリーがキラキラ光っていて豪華絢爛なテーブルセッティングに、前菜はアボカドクリームと旬の白アスパラガス(太っ!)。

わぉ!

その後もメイン・デザートにワインも開けて、押しかけの子分達をもてなして下さいました。

フランスでは、フォークを裏返しにセッティングする家が多いです。理由は、尖ったフォークの歯が攻撃的だから。

実際は、ロゴが入っている場合のみ、裏表関係無くロゴ面が見えるように置くのを例外に、表置きが正式だそうです。これは以前、サービスの専門家に教えて貰った受け売り。

フランスでサービスの専門家と呼ばれるのは、École Hôtelière 出身者の事で、娘の友達も数人進学を希望している、ホテル業務のプロ養成教育機関です。

最高の5年過程を修了すれば、高級ホテルのマネージャークラスで就職して、世界中飛び立つ予定。

高級ホテルには高級レストランがあるから、サービスは業務の一貫としを学ぶんですね。

閑話休題。私達は、13時半にアペリティフを始めて永遠に話し続け、気が付いたら20時。なにがなんでもこれは落ち着き過ぎ。でも楽しかった~。

翌日、1日振りのお料理は、 豚ヒレの赤ワインソース



レシピは妻さまブログが参考です。

なのに気が付いたら、ある筈の玉ねぎが無い!(初回は赤ワインがありませんでした)

で、冷蔵庫に見つけたフェンネルを、玉ねぎ代わりに投入。妻さまが教えてくれるレシピとは、似て非なる一皿になりました。

これが、以外と美味しかったんです。

本家本元もとっても美味しいのですが、分家は違う料理として確立出来るかも。

【 おまけ

お料理中にZooplusから配達された、猫用ドライフードとお菓子が入った段ボール。ヒルトンは、大好物のお菓子を出した箱に自ら入って、似非捨て猫になったのでした。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

≫ Read More

| パリのお出掛け | 11:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピカソの不思議

長い間、改装工事中で閉館していた
ピカソ美術館

工事の遅れで、再オープンが予定よりも伸びに伸びました。

フランスだから仕方ないよね
と番狂わせには慣れたフランスの人々。

お気の毒だったのは、再オープンの一番乗りを狙って、旅行計画を立てた旅行者です。


数日前、新しくなったピカソ美術館に行こうと St.paul でメトロを降りて歩いていたら、途中で小雨が降ってきました。

ピカソ美術館に着く頃には本降り。
なのに50人くらいの人が並んでいて、雨の中傘も持たずに並ぶ事を躊躇した私達ですが、
でも折角ここまで来たんだから
と、遠い田舎町から来たクレールが言うので、結局並びました。

待つこと45分。
ずぶ濡れ。

やっと中に入ったら速攻でトイレに駆け込み、トイレットペーパーで靴に染み込んだ水分を吸い取り、ハンドドライヤーで髪の毛を乾かし、何とか美術鑑賞に向けて立ち直った次第です。

一々深く考えないで観た方が良いピカソの絵は、何がどうなっているのか、理解出来ない物が多いけれど、



こんな美人画もあります。(左)
いかにもピカソな美人画(右)もそうだけど、ピカソの女の人には目ヂカラありますよね。

展示はバラバラになっていた、KISSと言う名の二枚。



どうやら彼のKISSは、噛み合いが基本みたいです。

全体的な印象は、彼の絵の中の女性達が悲しそうな事。
色使いがこんなに綺麗な、一見楽しそうな絵からも、掴めない悲しみ感じるのは私だけでしょうか。



やっぱりピカソって凄い。
凄い天才であると同時に、凄い変人だったんだろうな、きっと。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリのお出掛け | 01:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランスで歌手デビュー

いらっしゃいませ。
当ブログにお越し下さる皆様に、
改めて御礼申し上げます。
お心あらば、ついでにコチラ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑コチラをクリックして頂けると、
これ以上の喜びはございません。

更新サボって滑り落ちたランキング。
受験生を抱えているPcommeParisの
せめてもの縁起を担ぎ、
滑り止めのご協力にお願い致します。


毎週土曜日夜8時、
楽しみにしているTV番組は、
フランス版 The Voice

現在は第一ラウンド、
目隠しオーディションの最中です。

4期目の今年、
私のイチオシは17歳の彼↓

David。

美貌と実力はダントツ!
レバノンのスター歌手

Hiba。

夫のお気に入りは彼↓

Alvy Zame。

そして先週の放送で、
とうとう出ました日本人
みやざきみえこさん。

琴の演奏と唄で、
聴く人を別世界へ飛ばしてくれました。

フレンチポップとは異質過ぎて、
コーチの椅子はひとつも回転しなかったけれど、
日本の古典を紹介してくれて、
ありがとうの気持ちでいっぱいなのです。

歌が上手い日本人の誰か、
フランスでのプロデビューを目指して、
この番組に出場しないかな~。
挑戦してくれ~~~い。

スマホでビデオが観れない場合は、PCでご覧下さいね。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

クリックに感謝します Merci 
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリのお出掛け | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 『神々と男たち』



腰痛で寝ている私…

何の映画を観ようかな~と迷っていた所に、夫が持って来たのがこのDVDだった。

腰に響くから笑える映画は困るけれど、これはシリアスすぎてちょっと辛いお話だった。

1993年にアルジェリアで起きた、イスラム系テロリストによる修道士拉致殺害事件の実話が元になっている。

ランベール・ウィルソン主演
【 DES HOMMES ET DES DIEUX 】


修道院だから、出てくるのはおじさんばかりだし、画面はまるで白黒。
辛うじて木々の緑とステンドグラスの赤でカラーフィルムなのが分かる。



聞こえてくる音楽は男性の歌う讃美歌。

その余りにも静かで、余りにも暗い場面場面が心に強く残る。

お終いの方で流れた意外な曲
[チャイコフスキーの白鳥の湖]

この場面では、神に仕える者の在り方が、白鳥の湖そのものに表されているようだ。

少年時代からランベール・ウィルソンをよく知る夫は、
『この作品の彼は、彼そのものだよ。』
と言うけれど、この役を演じたランベールは、撮影後も役が抜けずに苦しんだらしい。

役者さんで大変だなぁ…



 クリックに感謝 Merci

| パリのお出掛け | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツール・ド・フランス2012

4日目のツール・ド・フランス。
アベヴィルからルーアンまでの214.5kmがスタートして、約1時間。
スタート直後に集団を飛び出して逃げている3人の選手の中に、
日本人の新城幸也君がいる。

22.jpg

新城選手は今年も唯一の東洋人。
彼以外は全員がフランス人選手のチーム、
EUROPCARで緑のチームウエアを着て頑張っている。
ゼッケンは22番。

今日は逃げ組に入っているから、
スタートからテレビに映りっぱなしで、
解説者も新城君について語る事が多い。

2009年の初参加で、
ツールの全行程を走り終えた初の日本人になった(そうだ)。

私自身はずーっと前から、
昨年悲願の初総合優勝を果たしたカデル・エヴァンスのファンだけど、
勿論、新城君も応援している。

新城君はスプリンターなので、
総合優勝はちょっと望めない。
でも、
毎日のステージ優勝は出来るかもしれない。

怪我をしないで最後まで頑張れ〜!!!

カデルも頑張れ〜



 クリックに感謝 Merci

≫ Read More

| パリのお出掛け | 14:20 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT