| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

癒しの家

エリゼ宮に最も近いとされていた
右派共和党LRの党首
フランソワ フィヨン。
妻ペネロップへの
不正給与の支払い疑惑で大転落中。

金・権力・地位 etc…、
欲にまみれた政治家達。

私欲の為に足の引っ張り合い。
いやだいやだ。

でも我が家には
世間なんでどーでも良い
ヒルトンがいる。

彼が待つ家に帰ると
全てがどーでも良くなる私。
20170202193922d2b.jpg

居間で、


台所で、


調理後のシャトルシェフで、


脱力。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・Hylton❤︎ | 22:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バカンス出発前日は恒例の

通り掛かりで結構です。
ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



娘は帰って来たし、
夫の家族と早めのノエルは祝ったし、
我々は南仏アルプスへ向かう準備中。

ところが例の如く
が私の行く手を阻む。



眩しいからって、
前足で目隠しして寝ているヒルトン。



眩しいなら、
何もここで寝なくてもいいのに。



本日の寝床は、
荷造りする私がベッドに並べた
お洋服の上。

この度も、
全然準備が進みません。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・Hylton❤︎ | 12:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫にとっては瞬間移動かもしれない

ネット接続環境絶不調の
南仏アルプスの山奥より、
大都会パリへ
舞い戻って来ました。

山を下りる途中のお花畑、



野生フラワーカーペットの
あまりの美しさに惹かれて
ここで私が車を降りた時に、
みゃ~
と一声言った以外、
ヒルトンはキャリーバッグの中。

7時間ぶっ続けで
眠りこけておりました。





彼にとっての
パリ ←→ 南仏アルプスは、
瞬間移動の可能な距離。
寝ている間にワープしている、
そんな感じです。

アパルトマンに着くと
あれ?ここはどこ?
と驚いて周りを見渡し、
暫くポーっとしています。

でも5分も経てば、
我が縄張りを駆け回る
何時ものヒルトン。

飼い猫って幸せな動物だよね。
と疲労困憊の顔を見合せた
運転手と助手の人間達です。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・Hylton❤︎ | 15:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒルトンの獣医さんから聞いた哀しいお話し

バカンスシーズンになると、
ペットの路上放置が頻発するフランス。

高速道路をうろつく動物がいる場合、
一応は電光表示板に
【 路上動物要注意 】
と表示が出るけれど、
まあ、彼等の運命は想像つきます。

クリスマスプレゼントに貰った
子猫や子犬飼ってみたら
世話は焼けるしバカンス行きたいし…、
なんて理由で置き去りにされる現実。
餓死や轢死は当然承知でしょう。

動物保護団体 SPA
から時々送られてくる会報に
2015年に保護された犬猫の数が、
43,000匹!とありました。
これって、
多いの?少ないの?
日本にはどの位いるのか、
知りたくなります。

話は変わって…、

ヒルトンのホームドクターB先生は、
パリ獣医学校で教鞭をとる
動物行動学の権威 兼 街の獣医さん。
フランス北部でペット養老院
ボランティア経営もしています。

その彼に、
日本のマンションは動物禁止なの?
と聞かれました。

何故そんな質問をしたかと言うと、
帰国する日本人のペットを今まで
何度か引き取ったから
なんだそうです。
去年は
2家族から大型犬を2匹、
引き取って新しい家族を見つけた、
と言うことです。

大切に育てたラブの子犬と
たったの3年で生き別れですか?
期限付きでフランスに住む方には
こんなに哀しい別れが訪れるって、
思いもしませんでした。

私なら耐えられないな…。

やれやれ良かった。
自分は取り敢えず一応
10年物の滞在許可証あるし、
そもそも在住理由に期限ないし、
ヒルトン

君を手離すなんて考えらない。

でもどうしよう。
万が一在住理由を失ったら…。
イヤ!
そうなったら猫の親権奪い合い、
それだけは勘弁です。
クワバラクワバラ。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 動物達 | 16:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

煮込み料理 plat mijoté と猫の熱い関係

煮込み料理が嬉しい冬場、
必然的に出番の増えるシャトルシェフは、

お手抜き忙しい主婦の強~い味方です。

色んな人に購入方法を聞かれたましたが、
日本なら何処でも手に入ると思います。
アフェリエイトはやっていないけれど
日本以外の国にお住いの方の為に
商品クリックでamazonに飛ぶようにしました。


使った内鍋を洗って乾かす間、
外釜の蓋を外しておいたら…、
ヒルトンご入浴。
最初は凛々しかった。

ぬく~い。

更に体温で温まる外釜。

うとうと。。。

あ~、極楽極楽。

くーっ、頭に手拭い乗せたい!

彼はこの後、
暫く寝込んでおりました。

ヒルトンが出た後のシャトルシェフは、
外釜の内側がホッカホカ。
シャトルシェフの保温性、侮れません。

本当はね、鍋料理もしたい!!!
でも無意味にどデカい我が家の食卓では、
座ったまま真ん中の鍋に手が届きません。
掘り炬燵が欲しいな。
そんな事を本気で思う冬です。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・Hylton❤︎ | 21:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD