| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小値賀島で暮らそう!

脱線しまくって
やっと最終回に辿り着きました
五島列島(一応巡礼の旅)レポートは、
小値賀島古民家ステイ

野崎島から小値賀島に戻ると、
港にお迎えが待っていた。

私達が泊まった古民家はコチラ。


先小路 一泊1人11,000円

食事付きにしても材料が届くだけで
結局は自炊。
ならば外食希望の主婦3人。
飲酒 前提に、
町中の古民家をチョイスした。

外見はかなり古いけれど、
中はしっかり大改装されていて
快適便利だった。
冷暖房完備(床暖房)
食器調理器具付き台所
最新型浴室完備
独立WC
何だか不動産情報っぽいね。
これにWiFiがあれば文句無し。

そして、
町中といっても食事処が少ないので
経験から店の予約を絶対お勧めする。

着た服は洗濯機でお洗濯も出来て
主婦にとっては嬉しい。

フッカフカのお布団で快眠を得、
後ろ髪を引かれながらも
超ご機嫌で小値賀島を後にした。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 日本の事 | 05:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産を目指す島

世界遺産問題で話題の
宗像・沖ノ島と関連遺産群。

でも、日本の世界遺産候補が
それだけでない事はご存知と思う。

5時半時起きして訪れた
野崎島もそのひとつ。

一日2便の町営船〈はまゆう〉の
7時25分に小値賀島発に乗船し、
15時10分に野崎島発に乗船すれば
日帰り出来る。

山がちな島の形は中通島と同じで、
潜伏キリシタンが多く移り住んだ。
禁教令が解除された後に
カトリック野首教会が建設され、
住民達は山を越え谷を越えて通った。



過去3つの村が存在したこの島は、
廃墟と化しほぼ無人島になった。
自然学塾村の管理人氏がひとり、
駐在していらっしゃいます。


他に住んでいるのは鹿と猪。

鹿は鹿公園計画で連れてこられ繁殖し、
数が減った今も島の至る所で見掛ける。
猪は海を泳いでやって来た。
はい。猪泳ぎます。
でも時々溺れて土左衛門になって発見されるそうです。

猪は山を荒らすので捕獲対象、
この日も一匹罠に掛かっていた。


浜は美しく、
あの漂流物は見当たらない。
夏は海水浴客で賑わうが季節外れは、
白い砂と碧い海が広がるのみ。


そして、
小値賀島の地ノ神島神社の鳥居と
丁度向き合う位置に、
沖ノ神島神社の鳥居が建っている。
その背後に神殿。
そしてその背後の山の急傾斜に、
ストーンヘンジみたいな石の鳥居?
王位石おえいしが聳え立つ。
詳しくはこちらのサイトでどうぞ。

これが創られた過程については
意見が割れ討論となり、
1. 100%自然の奇跡の創造物
2. 100%人工的な物
3. 人外が創った物
3人共自分の意見を曲げる事なく
現在に至る。

島に一泊すれば徒歩で行かれます。
でもでもでも、
山中で吸血蛭ヒルが出るそうです。
さあ、あなたならどうする?


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 日本の事 | 11:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暮らすように旅する小値賀島

大分脇道に逸れたけれど、
五島列島レポートに戻ります。

姦し3人組が次に訪れた
小値賀島でのメインイベントは、
翌日予定されていた
廃墟化した無人島野崎島行きと
小値賀島の古民家宿泊だった。

到着した日はレンタカーを借りて、
小値賀島サクッと一回りした。
20170506054300ac4.jpg

ここでクイズです。
小値賀島で見ることができるこれは
さて一体何でしょう?
答えは後程。

そして雰囲気はそっくりだけれど
白砂海岸


赤砂海岸


両方があり、
海の透明度は高く非常に美しい。


が、
島の悩みは漂流物。
漢語韓語ラベルのゴミの山が、
海岸線に流れ着く。
いや、
あれは生活ゴミ以上の物体で、
もはや粗大ゴミ。
どうしてこんな物が大海原に
捨てられるのか理解出来ない。
ゴミ拾いのボランティアは常時大募集中だそうです。

野崎島と向かい合う位置には、
遣唐使達の船出を祝い見守った
地ノ神島神社の鳥居がある。


遣唐使!!!
歴女のKが遠い目をした。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

最初の写真の答え
ポットホール
海岸の岩に嵌った大きな石が
とてつもなく長い時間を掛け波に削られ、
真ん丸になった。
それを穴の上から覗いたのがこれ。
動物の目に見えてちょっと不気味だ。

| 日本の事 | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お隣さんなのに大違い

山がちな中通島からフェリー太古で
お隣の小値賀島へやって来た3人組。
こちらは真っ平ら~な島で、
キリシタンが潜伏の余地無し。

中通島

まるごと体験‼︎新上五島から拝借

小値賀島

小値賀ネットから拝借

だから住民の9割以上が仏教徒。
老朽化した唯一の教会は
資金が足りずに信者さんが自ら、
日曜大工でコツコツと修理中だった。

普通の家屋なので中は畳敷きだ。

板張りの中通島の教会も
土足厳禁が多かった。

西洋人にとって靴を脱ぐ事は、
鎧を外す事と同じ。
人前で靴を脱ぎたがらない仏人は
意外と多いんだな、これが。

ヨーロッパから来たキリスト教が、
ここでは完全に和の世界。
と言うか、
絶妙な具合で和に馴染んでいる。

フランスで盛んな柔道が、
武道とは何かが違うのと一緒か?

ま、いいや。
この島では難しい事は考えず、
暮らすように旅をしたい。

1泊目は猫まみれの
島宿御縁
勝手口で賄いを待つ猫達。

強いて言えば私にくっついて離れない
ハチワレ君とモフモフとら君が、
熱烈歓迎してくれるパライソです。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 日本の事 | 22:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初デート♡

本日は帰国中の最大イベント
Blog 愛されている妻でお馴染み
妻さまとみなとみらいデート
の話題です。

とっくに妻さまはUP済み

ブログからも伝わってくる通り、
妻さまの旅行計画は完璧。

スパークリングワインで乾杯して
生牡蠣焼き牡蠣揚げ牡蠣他食べて、
桜木町駅前の日本丸から
大桟橋ターミナルの豪華客船
Costa Victoria を経由して
山下公園の氷川丸まで歩きました。



宝塚の男役にしたくなる程
スラッと背が高い妻さま。
ハマの景色が絵になるわ。

その後シーバスに乗って横浜駅へ。

10代の自分が
我が庭の如く闊歩していた横浜港は
大きく変貌を遂げていたけれど、
要所要所は昔のまま残っていて
懐かしさが込み上げました。
天気も良くて最高~!

さてさて、
私から妻さまへのお土産は
食料しか思い付かなかったのに、
妻さまからの
選り抜き豪華プレゼントの品々は
センスとユーモア溢れる物ばかり。

〈笑う竹べら達〉以外は全て、
娘の部屋に直行しました。
写真にない〈真珠のピアス〉
ムーミンに試着してもらった〈猫の顔付きパンツ〉
見た事ないフランス製〈オシャレ猫のボトル入り香水〉
猫だらけセット〈猫とキティのフェイスマスク〉
早速娘がトライ ↓

何から何まで
妻さま、ありがとう!!!

パリに帰っても
ブログで妻さまに会えます。
今日のレシピは、
Porc aux estragons à la moutarde

これを作るのは何度目かしら…
ってくらい、
私達の好物になりました。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 日本の事 | 15:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD