FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

国際結婚・ハーフの子育て・パートのお仕事に奮闘しながら、パリ暮らし満喫を目指す。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の終わり

カラッと晴れた南仏アルプルの青空の下、
ビュール先鋒を眺めるテラスで
クロワッサンと紅茶のプティデジュネ。

パリに帰る日がとうとう来てしまった。
\(//∇//)\

勿論パリも大好きです。

でも南仏アルプル暮らしは、
非日常の中に実在するパラレルワールド。

非現実的でありながら
そこにはそこの生活があり友達がいる、
超現実の生活なのであります。

私は南仏アルプスをユートピアと呼ぶけれど、
パリはディストピアと言うほどでもない。
ま、これは日常って事で…(笑)




掃除をして荷物をまとめ、
一週間前に合流したモモを含む3人と1匹は
正午ピッタリ車に乗り込み、
谷間の村のレストランを目指した。



夫と私が注文したビーフのグリルは、
一瞬2人分かと思ったら



もう一皿来たわ(笑)。


ここからおよそ8時間のドライブは長い。
道中寝ているヒルトンは知らないけれど、
狭い車内座りっぱなしは結構辛い。

パリに着く手前で
夕焼けをバックに立ち並ぶ風車が美しかった。






ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!





≫ Read More

| ・アルプス | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルシェ納め

フレンチバカンスも終盤。

毎週月曜の朝に立つマルシェで、
Andouillette のローストを買った。

Andouillette は、内臓ソーセージ。

モツ鍋が食べられる人なら絶対好き。
多分…



南仏アルプル最後のお家ご飯は
義姉に貰った無茶美味トマトの前菜で、



トマトはフルーツだと実感する。

そして主役は当然アンドゥイエット。



付け合わせに焼いた妻さま
ポテトパンケーキがドンピシャマッチ。
アンドゥイエットを引き立てる為に、
今回のポテトパンケーキはプレーン味にした。

うんまーい



山友イザに聞かれたのでご紹介します。

山用に揃えたお気に入りのお皿は、
FLEUXのマレ店で見つけた
山の動物シリーズ4枚組なのですが、



どうです?
可愛いでしょう???

この山にクマはいないけれど
シカやリスには時々出逢うし、
夜中に山を歩けばフクロウもいるみたい。

このお皿、
ネットショップでは売っていないけれど
店舗に行けばまだあるのかしら…。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!




| ・アルプス | 18:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中世から受け継がれるイポクラ


南仏アルプスに着いて一週間が経った。

山友イザが毎年欠かさずくれる
自家製のアペリティフが美味しくて、
山を眺めながらついつい飲んでいる。






甘いから量は飲めないけれど、
毎日チビリチビリと…。

日本でもすでにお馴染みの
ヴァンショー(ホットワイン)とは別に、
こちらは氷をいれて飲む、
近世のフランス人でも知る人ぞ知る
中世から伝わる伝統的な飲み物らしい。


HYPOCRAS イポクラ

ヴァンショー同様
白ワイベースと赤ワインベースがあって、
イザが作るのは赤ワインベース。

レシピを検索してみたら、
へぇ、生姜が入ってるんだ。


INGRÉDIENTS / pour 6 personnes
1 bouteille de bon vin rouge
60 g de sucre
100 g de miel liquide
20 g de gingembre frais
3 ou 4 bâtons de cannelle
5 clous de girofle
1 cuillère à café de macis moulu
20 graines de coriandre
2 cuillères à café de maniguette
(ou 1 cuillère de poivre et
1 cuillère de baie du setchouan)
10 grains de cardamome (facultatif)

【材料】
赤ワイン 1本(750ml)
砂糖 60g
蜂蜜 100g
生姜 20g
棒シナモン 3~4本
クローブ 5個
マシムリュ(ナツメグで代用) 小さじ1
コリアンダーシード 20粒
マニゲット(胡椒と山椒MIXで代用)粒 小さじ2
カルダモンシード(お好みで) 10粒


1. 砂糖と蜂蜜を赤ワインに混ぜる。
溶けやすいように少しだけ加熱しても良い。

2. 細かく刻んだ生姜と残りのスパイスを、
一緒にミキサーで粗く砕く。

3. 2を目の細かい布に包んで紐で縛り
(出汁パック使えます)、
常温の1に入れ最低3時間、
出来れば味を見ながら3日間程漬けおく。

ボトルに詰めたら出来上がり。

注: 粉状スパイスを使う場合は量を少なめに。


自分のイポクラを作ってみよう!




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!


余談ですが、
私と夫と猫の幸せ生活の妻さまレシピ
鶏胸肉のポートワイン煮
でも使われるポートワインを、
メロンの穴に注いで食べました。



こうやって食べても(飲んでも)美味しいよ。






| ・アルプス | 10:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つくレポ《ポークソテー》from南仏アルプス



山に着いて3日目、
酸素不足にも慣れてきた。

スポーツセンターのレッスン、
ピラティス・ストレッチ・ヨガに参加。
2年ぶりに会うメンバーが、
腕を広げて迎えてくれた(涙)。
様子を見ながらSTEP・リアズンベもしようかな。

ミルティーユ myrtille ブルベリー
フランボワーズ framboise ラズベリー
摘みに行かなきゃだし、
注文した杏5kgと摘む予定のベリー達を
ジャムにしなきゃだし、
友達とアペリティフもしたいし、
2年ぶりの南仏アルプスを満喫したくて
かなり張り切っている私。


赤身の豚肉肩ロースを入手したので、



張り切りついでに作りました。


私と夫と猫の幸せ生活から
愛される妻さまの
シンプルポークソテー

ソースは適当です。
玉ねぎを炒めてマッシュルーム投入、
ブイヨンと少量のお湯でちょっと味付け、
マスタードと豆乳クリームを加えて混ぜたら、
別皿に取っておきます。

同じフライパンで
塩胡椒しておいた肩ロースをこんがり焼いて、
白ワイン代わりのポルトワインの水割りを
大匙3ほど投入したら蓋をして蒸焼き。

妻さまの受け売りですが、
ここで忘れてはいけない重要ポイトント!
豚肉は冷蔵庫から出して常温にしておく事。
こうすると焼いたお肉が反りません。




ほらね、ってソースで見えなくなっちゃったけれど。

夫からもExcellentとお褒めの言葉を承り、
今回は妻さまレシピというのを内緒のまま
褒めるだけ褒めさせておきました。へへへ

ありがとう妻さま。


ところで
空はこんなに高く青いというのに我が君は、


モモの部屋

布団をめくると

寝ている。

起こしてみたけれど

動く気なし。

外に出て日向ぼっこをすれば良いのに
ヒルトンたら都会っ子。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アルプス | 16:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何度行ったら気が済むの?ブルターニュ




娘のハーフマラソン出場で、
家族揃ってカンカルに泊まったばかり。


なのになのに一週間後、
発作的旅欲に従い女友達と2人
車を飛ばした先は再びカンカル。


だから
カンカルで生牡蠣は食べるけれど、
泊まりはサンマロにしてみた。


私の愛車Fiat500でパリをAM9時出発。
途中高速道路のSAでコーヒー&トイレ。


カンカル到着は13時。
波止場の牡蠣市場で牡蠣を購入した。





No.2 が一皿1ダース、
殻開けとレモン付きで6€。
家から持参の白ワインと一緒に
ツルっゴックンを繰り返すこと12回。


美味しい~


2人でもう一皿追加して半分こ。




サンマロでは
城壁の上を歩いて外海を眺め、




引き潮時に徒歩で渡れる離れ島の
古い要塞城をガイドさんと見学し、









海の向こうは当時の天敵英国。






城壁内に降りて石畳の街を歩いた。



2日目はサンマロでそば粉100%のパンと
塩バター・白ワインを仕入れて
カンカルの牡蠣市場に舞い戻り、
お目当ての野生牡蠣や長牡蠣他
4種類48個の生牡蠣を2人で平らげ、


更に残りの野生牡蠣を買い占め
平牡蠣3個とNo.2も1ダース。
合計21個の牡蠣を連れて帰った。


翌日は各家庭で生牡蠣祭り。


私自身はこの3日間で、
52個の牡蠣を食べた事になる。


家で牡蠣祭り終了後、
旅仲間のY子ちゃんからラインで、
食欲を失わせる
不気味なビデオが送られてきた。


勇気のある方はご覧下さい。





生牡蠣の動く心臓部。
ヒェ~、
食べ終わっていて良かったわ~!



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!


| ・ブルターニュ | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT