パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鶏肉丸ごと一羽使い切り大作戦

なんて大袈裟なタイトルは無視して、
先ずは過去ブログの訂正から…。


エロい朝食がタイトルだった
某日のブログを見た娘が、

そんなつもりでデコってないのに、
写真見たらホントに変!ショック〜!!!


と言ってきた。

20歳を過ぎた今も男友達から
アザラシの赤ちゃん
と呼ばれ続ける色気ゼロ女。

エロく見えた朝食は、
シメトリーを好む彼女の
純粋な芸術作品であり、
エロかったのは親の思考回路で、
娘がエロに目覚めた訳でも、
エロい冗談で受けを狙った訳でも
ありませんでした。

な~んだつまらない。


では気を取り直して、
【 丸ごとチキン 】です。

仏人には丸ごと買いが当たり前。

我が家では丸焼きにもするし、
解体して部分食いもする。

モモ肉は煮ても焼いても良し!
ガラと手羽は
コラーゲンたっぷりのスープになる。

さっぱり味のムネ肉は、
こってり味のソースで頂く事が多い。

で本日はキノコソース。

fc2blog_20171201062115505.jpg

玉ねぎのみじん切りを炒めたら、
Picardのキノコミックスと
モリーユを加えて塩胡椒。
白ワインと鶏ガラスープを加える。
Juraの白が理想だけれど、
なかったので普通に辛口の白を使用。

煮てアルコールを飛ばしたスープだけ
妻さま【私と夫と猫の幸せ生活】
ブールマニエに投入。
バターは植物油で代用
最後に豆乳クリームを加えて
具を戻したら、
キノコソースの出来上がり。

付け合わせのマッシュドポテトには
こちらを数滴
fc2blog_20171201062329f17.jpg
黒トリュフ入りオリーブオイル

モリーユ香るチキンと、
黒トリュフ香るポテト。
濃い!一皿です。


今年も残すところ1ヶ月。
さっきパリでは雪が降った。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・メイン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリで出前?

最近モモがハマっている
Uber 出前
Uber アプリで提携のレストランから、
注文したメニューが家に届く。
パリも便利になったものです。


25年前マレの広いアパルトマンで、
雑居していたメンバーのH氏。

彼は10年ほど前に当時の彼と別れ、
新しい彼と同性結婚した。

先日急遽、
我が家でご飯を食べる事になった。

俺達の食事は用意が出来ているから、
テーブルごと持って行くよ。

と彼等は本当に、
大荷物を抱えてやって来た。
(テーブルは持って来なかったけど)

Hは雑居時代も厨房担当筋金入りの
料理好きかつ料理上手。
自分の料理を他人に食べさせるのが
生き甲斐な人。

最近では自家製自然酵母を使った
自家製パン作りに凝っている。
自然酵母の作り方→
小麦粉にお水を加えて密閉、
何日後に泡々してきたら発酵の証。


毎度の事ながら、
これ何人分?(元は2人分)
て莫大な量。

いい感じに焼けたローストビーフ。

2000g

色々入ったマヨネーズ風ソース。

丼一杯

自家製パン、
プレーンとノワゼット入り2種。

各600g

そして本日の目玉、
シャルロット・ア ラ・フレーズ。

直径36cm 厚さ12cm 巨大!

そして本日の功労者H。


4人で食べても全て半分ずつ残った。

いやはや、
美味しかったけど多かった~。
そして彼等は残りの半分を持ち帰り。

それにしても、
何故わざわざうちで食べたんだろう?
彼等の家で食べれば良かったのでは?



【 おまけ

愛される妻さまのブログで見て、
久々に食べたくなったのが
鶏肉ポルトワイン煮
鶏肉が見えないけど(笑)。

こっちも美味しかった~♡




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| パリのおうちごはん | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妻さまグルメ 其の参

お久し振りの妻さまレシピ。
献立に迷ったら妻さま、
迷わなくても妻さま。
私と夫と猫の幸せ生活ブログは、
我が家の強~い味方です。


サーディンのあれ南欧風鰯のパン粉焼き
や~~~~~~っと作れた本家版。
みんながリピするのは
当たり前の美味しさでした。




アレのあれ
新鮮なサーディンが手に入るまで、
とお茶を濁したチキン版。
これはこれでイケました。
あれでもこれでもOKなんですね。




シェパードパイ の塩漬け鱈版。
塩漬け鱈を使った理由は…?
給食で不味い偽物食べた仏人2人に、
本家を拒否られて(T T)。


本家は絶体美味しいのに残念な食わず嫌い。
だけどお絵描きが出来て満足でした。




簡単ローストビーフ
焼きたてもいいけれど冷めてもgood。
冷めたらレタスとマヨマスタードで、
サンドイッチもお薦めデス。




ポテトリヨネーズ(リヨン風ポテト)
焼きたてローストビーフの付け合わせにtrès bon。




おまけ

お昼寝していたヒルトンの寝方が、
↑ のお皿に酷似していてばかうけ






ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 妻さまレシピ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯖でも ça va でした

って、
イキナリのおばんギャグで失礼。

本日は緊急つくレポでございます。

洋食ブログの女王
愛される妻さまをこよなく愛する
妻さまの夫さまの好物のひとつ、
サーディンの南欧風焼き
サーディンのあれ


ピチピチ新鮮な鰯が手に入らない
パリ暮らしの身の上ながら、
一度は挑戦したいと思っていたこれを、
鯖で作ってしまえと言う事で
買って参りましたPicardの鯖フィレ。

妻さまブログを開けて
夕食の準備を始めたところに、
ヒョッコリ顔を出した娘。

昼に茹でたジャガ芋の残り、
賞味期限が3日後のとろけるチーズ、
使いかけのトマト煮缶、
冷凍ほうれん草、

あれもこれも入れて欲しいと
出して参りました。

茹でジャガ芋の輪切りを敷いて、
トマトの輪切りを乗せて、
トマト煮をかけて、
とろけるチーズを並べて、
ほうれん草を敷いた上に
鯖フィレを乗せました。
その上からタップリの
パン粉とパルメザンチーズをふりかけ、
温めたオーブンに入れて待つ事30分。

オーブンから出たての熱々。

お皿に盛り付けたらこんな感じ。


妻さまのサーディンのあれとは
微妙に全く違う物となりましたが、
でもこれはこれで
非常に美味しく頂きました。

鯖の匂いが苦手な我が家の仏人も、
美味しいと喜んで食べておりました。

要するに、
まだサーディンのあれには未挑戦
のわたくしでございます。

基本レシピ提供の妻さまありがとう。
しかし一体いつになったら
本メニューに挑戦出来るんだ?私…。


【 おまけ


椅子の背に乗って、
気分は木の上のライオンのヒルトン。
本日も魚に心は奪われず。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・メイン | 14:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妻さまグルメ 其の弐

引き続き
妻さまレシピ第2弾。

イタリアンローストポーク
オーブンから香ばしさが漂う。



豚ヒレ肉の赤ワインクリームソース
いつ食べても美味しい!このソースがまた堪りません。



ビーフシチュー
赤ワインをケチったらソースの色が薄くなった。
それでも美味しかった~。




牛肉の黒ビール煮
小玉ねぎ、切るのが面倒で丸ごと入れた。

↓ 使ったビールはこれ。
赤とあるのに何故か黒い(笑)。



簡単ベシャメルソース
これこれ、これを探していました!
グラタンが一気に身近になった。



妻さま、
今週もごっつぁんでした。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup.
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!


| 妻さまレシピ | 19:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT