パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住28年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

13区の中華街から少し外れたタイ王国



観光地化している故郷横浜のとは違い、
普通に中華系が集まっているだけの
パリ13区中華街

本日もRMさんの案内で、
タイ料理を食べに行った。

オリンピアード近くのオススメ店は
1ヶ月の夏休みで閉店中だったので、
そこから歩いて5分の距離の
もう一軒へ行く事に…。

しかし
5分で辿り着くのは無理だった。

だって途中通った道が、
Lovely 可愛すぎるんだもの~。

こことか


ここ。


突然迷い込んだパリの小径で
感動に思わず立ち止まる私達。

それを微笑みながら追い抜いて
小径の中程で消えたおじさま。
ご自宅の庭に通ずる扉を
開け放していた。



私がオズオズと、
あの~、スミマセン。
中を覗いてもいいでしょうか。。。

と尋ねたら、
そのつもりで開けておいたのですよ。
と爽やかに笑い、
異邦人を招き入れてくれた彼。

プライバシーの撮影は遠慮した。
本心は凄く撮りたかった~!
ローズマリーの薫る庭には、
母屋と別に小さなアトリエと東屋、
実を付けた葡萄棚とイチジクの木、
ブランコと鶏小屋がある。

家の庭に面した部分は
全面ガラス窓ドアになっており、
外付けの螺旋階段があって、
金属部分は全て
翡翠色のペンキに塗られている。

気が向くとこうやって、
見知らぬ人にも庭を見せては
会話を楽しむという。

帰りしなにローズマリーの葉先を
ポキポキと折ってお土産にくれる
粋なおじさまだった。
年齢は近いかも!だけど。
彼によるとこの小径は以前、
職人さん達が暮らす
非常に質素な通りだったらしい。

さて、
行では辿り着けなかった
肝心のタイ料理のお店。



美人のお嬢さんがテキパキ働く、
家族経営の和み。



タイの優しい家庭料理が食べられる。
何故かメニューにある
シンガポール発海南鶏飯も
私にはとても懐かしい。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アジア料理 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未開の地でのレストラン探しはInstagramで決まりとか…。

パリにて独りお留守番中の為、
やさぐれそうな私。

夫は車でヒルトン連れて10日に山へ、
娘は14日にTGVで山へ向かった。

私には7月31日と言う微妙な日程で
医者のランデブーが残されている。
少し悩んだけれど、
結局パリに居残った。
あ、病気じゃなくて検査なのでご心配なく~。

家族の留守はある意味気楽と言うか、
本当に全く構わないのだけれど、
あのヒルトンが傍にいないのは
淋しい。

モコモコが欲しい!!!

で、
お友達と遊び歩いてます(笑)。

先日ランチしに行ったのは
移民の町として名高いベルヴィル。

上海料理のレストラン


海鮮料理がお得意 ♪♪♪。

時計回りに
・蒸海鮮海老あさりマテ貝緑豆春雨
・海老姿唐揚げ
・鶏肉と卵の唐辛子焼き
・肉餃子

ここに何度も来ているRMさんは、
Instagram情報と自分の舌で吟味した
お勧め料理をセレクト。

蒸し物はホッコリ、
焼き物はパリッ、
揚げ物はサクッ、
ハマるわ~。

Le Grand Bol 海椀居
7 rue Présentation Paris 11区
01 77 16 89 91



前回ベルヴィルに来たのは確か、
モロッコ出身の友に連れられ
タジン鍋を買いに行った15年前。
パリ市内なのに久しい。

昔は北アフリカ系移民の町だったのに、
今はほぼ中華街と化していて驚いた。

55歳にしてソルボンヌ留学を決意し、
渡仏して来たばかりの
大和撫子食いしん坊 RMさんは、
やたらとパリの美味しい情報に詳しい。

それもこれも
Instagramのおかげとか。

彼女がパリにいる間に、
色々教えて貰おっと。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アジア料理 | 12:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピカソ美術館の気まぐれサロン

ピカソ美術館に近くの
古めかしい店構え。
目印はガラスケースのケーキです。

密かにピカソカフェと名付けた
このパリらしい店は
主に週末営業していると言うが、
かなり気まぐれな印象がある。

骨董の価値を感じさせる主人は、
店の備品と妙に一体化。


フランスには珍しいアイスコーヒーや
パイナップルやストロベリージュースは、
まん丸いグラスに注がれ泡泡。
こだわった芸術的な仕事をしている。

熱いコーヒーを注文しても、
小さいグラスのジュースが付いてくる。
オマケのマドレーヌも美味。

主人は昔話が大好きで、
客が電子機器をいじるのが嫌い。
運が良ければ古いフォトアルバムを
見せてくれる。

この店には、
本当にピカソが来ていたんだね。

非現実的な実在感が溢れる
不思議な雰囲気が、
如何にも古き良きパリっぽい。

Royal Bar
19 rue Parc Royal 75003 Paris



p.s. ここのお手洗いも凄いぞ。
どう凄いかは実際行って
その目でお確かめ下さいね。

ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・甘味処 | 22:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歩け歩けパリ

M美がいた5月末は、
天気も良かったせいか
パリの中をグルグルと歩き回った。

La Pâtisserie des Rêves

でケーキを買い、


Pâtisserie Carette

のマカロンを買い、


私が独身時代に暮らした
アパートを見に行き、
10mと離れていないバタクランで、
テロ犠牲者のご冥福を祈り、


とうとう
M美のパリ最終日になった。

翌朝早い彼女との夕飯は、
彼女が暮らしたアパートの真下
フランソワミラン通りの
Sanchoにて。

日曜日の夜の店は人気も無く
更にお天気まで悪くなっており、
客は私達だけ。

La fourchette で予約すると
アラカルトで3割引なのに、
メニュー変換中と言うことで
アラカルト存在せず。

セットメニューしかなかったので
和風ビーフシチューを注文した。

デザートは胡麻と抹茶アイス。

お味は良かった。
特にアイスクリームが
ま、
可もなく不可もなくって程度かな…。

良い店が沢山あるこのマレで
厳しい生存競争に勝てるのかしら、
この店。

ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!



| ・甘味処 | 22:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同級生達とのパリ

M美と共通の友人Kちゃんが、
仕事でパリに飛んできた。
KはCAさんなので、パリでの時間は少ない。

前回、前々回と同じく
Breizhcafeの塩キャラメルクレープ
を所望するであろうKの意を読み、
3人テーブルを予約しておいた。

M美が一緒なのは内緒にして
サンポールで待ち合わせ。

現れたK、
キョトンとM美を見つめて大笑い。

シンガポールで会っているM美に、
まさかパリで会うとは
思いもしないよね、普通は。

塩キャラメルクレープを食べ、
お買い物をして、
我が家へ雪崩れ込んだ3人。

午前零時まで家で喋っていた。


M美の高校時代の友達も、
フランス人と結婚して
このパリに暮らしている。

その彼女と3人で待ち合わせた
パリ16区のパッシー。

山茶花と言う
レストラン兼サロンドテ。
サザンカを読めなかったのは私、恥ずかし~。

オムライスがお勧めだったけれど、
私は茶そばの豆乳ツユを注文。
だって凄く暑い日だったんだもん。

デザートは抹茶パフェの白玉添え。

シック過ぎるパッシー界隈から
足が遠のいていた間に、
居心地のいい店が出来ていた。

山茶花
9 rue Annonciation
75016 Paris
01 42 24 85 59




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・和食 | 14:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT