FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

永遠のパリジェンヌ道修行に奮闘する毎日

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2020新年会第一弾とウィルス扱い




友よ、
待っていてくれてありがとう。



延び延びになっていた仲間内新年会が
ようやく出来た!

もう1月終わるけど新年会なので、
和食きふね


オステオパシーのペンギン先生には
仲間がみんなお世話になっており、
午前中にメンバーのひとりMさんの・
午後に私のランデブーがあったので、
先生のキャビネの近くにした。


近くのゴルフ洋品店で待ち合わせ。

ソルドへ行くゴルフ好きY子ちゃんに
みんなで便乗する事にした。
ゴルフパンツは履き心地が良いため、
しない私も愛用している。


Y子ちゃん・Kちゃん・私に
施術が終わったMさんが加わり、
時間も忘れて試着大会。
裏起毛でシワにならない速乾性の生地。
ホント履きやすいわ~
とか言ってるうちに時間オーバー。
支払いを済ませてきふねに駆け込んだ。






ベルギーで日本人が作っているビール
初陣がここで飲める。
私もちょびっとだけ舐めさせてもったら、
超美味し!!!




食後は島を変えてCaféへ移動。
コーヒーを飲んでお喋り少しで
私はペンギン先生の所へ…。

一時間後、
Caféに根を生やす3人の所へ戻った。
そしてまたお喋り。
周囲の客がディナーを食べ始める頃、
アペリティフを注文してまたお喋り。

外が真っ暗になって帰途に着いた。



なのになのになのに
物凄く楽しい1日だったのに、
帰りのメトロの中で
コロナウィルスって指で刺された~!

とY子ちゃんからグループライン。
東洋人と言うだけでバイ菌扱いする
気持ちは分かるけど指差すなよ
と、
かなり嫌な気分になったわ。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!





| ・和食 | 16:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々の外食


ママンさん訪問でボーヴェへ行き、
連れ立ってシーフードのお店に行った。



ムール貝の白ワイン蒸し
でもお供はトホホな炭酸水

愛される妻さまのブログで見て
無性に食べたくなった♡


lacriéeはシーフードのチェーン店。
パリにも沢山あるけれど、
広々とした空間が気持ち良い地方店は、
海も無いのに海辺の雰囲気が漂う。


お料理上手な妻さまは、
自分で作ってしまうムール貝。

ラ・クリエのキャセロール一個じゃ
全~然物足りなかった私は、
妻さまに見習って自分で作る
とここに宣言する。

いつになるか知らんけど
乞うご期待!





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・フレンチ | 12:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これは美味しい!シリル・リニャックのフラン・オ・ショコラ

友達MI江とエトワールで昼食の約束。
ネット予約した店で待ち合わせたら、



本日休業
店やってません。



近くのカフェで定食を頂き、
デザート求めてテルヌのマルシェへ…。

すると、
行きつけの魚屋が隣の肉屋と一緒に、



火事で焼失していた。

(・・;)
目が点になる私



しかしその通りには一番最近出来た、
CYRIL LIGNAC
のお店があるのだよ。



【 シリル・リニャック 】
名高いレストランやパティスリーで修行を積み、
テレビの料理番組でもお馴染みのパティシエ。
パリにレストランやパティスリーを多数持ち、
有名女優達と浮名を流す1977年生まれのモテ男。
Wikipedia抜粋



テレビを観ない私は
ブログの為に初めて彼の顔を見た。
フムフム…

悪くない、でも
私が興味があるのは断然こっち♥︎
という訳で、
許しを得て撮らせて頂いた


トロペジエンヌ♥︎

タルトシトロン♥︎タルトフランボワーズ♥︎

宝石箱のようなショーケース♥︎♥︎♥︎



パティスリー修行者MI江は早速、
5種類を箱に詰めてもらう。

オイオイ、
ここで食べるんだよね?


そう、
ここでは eat-in も出来る♥︎



お茶と一緒に注文したのは
ツヤツヤ光るフラン・オ・ショコラ♥︎ 4€







FLANフラン

と聞いて思い浮かぶのは、
パティスリーでよく見かける
あの薄黄色くてプヨんプヨんしたのを
切り分けて売っている
崩れやすくて食べにくい物体。


ここのはFlan Beavaisienを彷彿させ
プヨんプヨんを全く感じさせない。
それのチョコレート味♥︎



自称フラン嫌いなMI江も一口食べて、
ナニコレ?あり得ない美味しさ!
と大絶賛。
持ち帰り用に追加注文していた。



口の肥えたMI江は、
この艶この味は高級なショコラを使っている。
VALHONA使用を

を推察している。


フランスのパティスリーは甘過ぎる。

と断言するシリル・リニャックだけに、
甘さ控えめで素材の味が活きている。



私も当然お持ち帰り。


箱もかわいい♥︎



♥︎が多目な本日のブログは


CYRIL LIGNAC
9 rue Bayen 75017 Paris



からのリポートでした♥︎





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!




| ・甘味処 | 19:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Le hide




猛暑週のパリ、

湿気が少ないけれど
石の照り返しで外はムンムン。
石造りのアパルトマンの中はヒヤヒヤ。


休みだった日、
パジャマでダラダラする幸せ
を噛み締めていたら

今朝パリに着きました!
明日からロンドンです!!!


と友人Kさんからメールが届いた。


羽田から飛んで来て、
フランクフルト・ミラノ・パリ・ロンドン
各一泊。

出張族の日程恐ろしか~。
雇用均等法で老若男女問わず、
強行スケジュールの出張が増えている様子です。


でもそのパリ滞在がピンポイントで
私の休日なのは幸運としか言えない。
ついてるかも…。

仕事が終わり次第夕飯しましょうと
Le hide に電話したら、
人気店も猛暑のお陰で難なく予約出来、

だよね~。
こんな日はみんなテラスででしょ。


などど言いながら、
久々に会うKさんとの晩餐会は始まった。


仕事をしながら一日中
の事を考えていたらしく、
先ずは生で乾杯。


前菜は同じ物


のおかわり。

メインは




hide氏の帆立は絶品なので、
いつもこれを注文してしまう私は
今回裏切りのラム肉。
ラム肉も美味しかったけれど、
もう浮気はしません。


写真撮り忘れちゃった
デザートのアイスクリーム、
巨大メレンゲの帽子を被ったアイス玉3つ。

そして締めの café 。


沢山話して食べて飲んだ
夏時間のパリの夜は
家に着いても外はまだ明るくて、
なんだかとっても気分は上々
なのだった。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!











| ・フレンチ | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【 たぐいまれなシュウマイ 】なんだそりゃ?

13区の中華街から少し外れ
イタリア広場をゴブランに向け下った所に
その店はひっそりと佇む。


Di-Choulie





店構えは至ってシンプル。
外から見るだけだと一瞬
この店、
噂通り本当に美味しいのか?

と躊躇するに違いない。

実際、
噂を聞いて試したいと言った友人も、
店の手前でかなり迷っていた。


でも店内を覗くと、



ヴィニルを細工したオブジェが壁に飾られ、
清潔そうでなかなかシック。


で、オニヴァってみた。
注)オニヴァるとは?
Let’s goを意味する仏語On y vaを日本語化したもの。




ランチコースもあるけれどアラカルトに、

Incomparable Shumai
(類稀な焼売)

だの
Inimitable Nem
(真似のし難い中華春巻)

Surprenante soupe Wonton
(驚愕の雲呑スープ)


食さずこの場を去る訳にはいかない
なんとも魅力的な名前のお料理が並ぶ。


類稀な焼売
極太米粉春雨挽肉あんかけ
海鮮野菜炒め
車海老の唐辛子入りソース炒め

とビール大瓶小瓶+茉莉花茶で
60€(一人20€)ポッキリ。


肝心のお味はと言うと、
繊細薄味かつパンチが効いており
一品ごとの量も多目。

巨大な蒸篭で出てきた焼売は
花弁のように美しく、
小籠包の如くジューシー。

癖になりそう。



類を見ないとはこの事か!!!


大勢で食べるのも楽しいけれど、
気楽に入れる雰囲気の店には
蒸篭を一人で抱える人もチラホラ。


次回は真似のし難い中華春巻に挑戦する。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アジア料理 | 20:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT