FC2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

パリ在住30年、国際結婚・ハーフの子育て・パートタイムのお仕事に奮闘中の管理人。パリジェンヌへの道は果てしない。

≫ EDIT

パリ近郊の畑で農業気分

パリを西側を出て
アルジャントィユから北上し、
オワーズ県のママンさんを訪ねた。


オワーズ川を渡った所から景色は畑。
フランスは農業大国なのだ。


しばらく行くと
数年前に出来たセルフ採り畑があって、
出来た当初から気になっていた。





パパさんが生きていた頃は
ここを素通りしていたけれど、
今回は【Fraises】苺の文字に誘われて
30分間の寄り道決定。





畑の入り口には
収穫用のプラスチックケースと手提げカゴ、
そしてネコ(手押し車)が置いてある。

農業経験0の夫が何故かネコを手に取り
ヨロヨロと押し始めた。
どれだけ採るつもりなのだろう…(笑)





プラケースを手にした私はイチゴ摘みを開始。
夫は摘んだは良いけれど、
入れる場所に困って私を呼ぶ。


20cm x 15cm x 10cm大のプラケースは
あっという間にいっぱいになり、
摘み食いのお腹もいっぱいになったところで
引き上げ。
ネコは必要なし!


時間があったら、
菜っ葉物・根っ子物・ルバーブも
収穫したかったな~。


この広大な畑の中を移動するだけで
時間がかなり掛かるから、
収穫時間を含めて3時間は欲しい。


折角なので、
お支払いの手前の棚にある
ホワイトアスパラガスとマッシュルームも
お買い上げ。





アスパラちゃん 1束4,60€
マッシュちゃん 1キロ当たり2,40€
(^^)



ディネは帰り際に
地元の人気の肉屋さんで購入した
Boudin ブダン血肉ソーセージ。






見た目かなりグロいけれど美味しいのよ。
本当だよ。

冷凍食品のPICARDに
カリブ海風ピリ辛ブダンが売っていて、
それもまあまあイケるので、
酒のお供に是非お試しあれ。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!








| ・食べ物・飲み物 | 23:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何度行ったら気が済むの?ブルターニュ




娘のハーフマラソン出場で、
家族揃ってカンカルに泊まったばかり。


なのになのに一週間後、
発作的旅欲に従い女友達と2人
車を飛ばした先は再びカンカル。


だから
カンカルで生牡蠣は食べるけれど、
泊まりはサンマロにしてみた。


私の愛車Fiat500でパリをAM9時出発。
途中高速道路のSAでコーヒー&トイレ。


カンカル到着は13時。
波止場の牡蠣市場で牡蠣を購入した。





No.2 が一皿1ダース、
殻開けとレモン付きで6€。
家から持参の白ワインと一緒に
ツルっゴックンを繰り返すこと12回。


美味しい~


2人でもう一皿追加して半分こ。




サンマロでは
城壁の上を歩いて外海を眺め、




引き潮時に徒歩で渡れる離れ島の
古い要塞城をガイドさんと見学し、









海の向こうは当時の天敵英国。






城壁内に降りて石畳の街を歩いた。



2日目はサンマロでそば粉100%のパンと
塩バター・白ワインを仕入れて
カンカルの牡蠣市場に舞い戻り、
お目当ての野生牡蠣や長牡蠣他
4種類48個の生牡蠣を2人で平らげ、


更に残りの野生牡蠣を買い占め
平牡蠣3個とNo.2も1ダース。
合計21個の牡蠣を連れて帰った。


翌日は各家庭で生牡蠣祭り。


私自身はこの3日間で、
52個の牡蠣を食べた事になる。


家で牡蠣祭り終了後、
旅仲間のY子ちゃんからラインで、
食欲を失わせる
不気味なビデオが送られてきた。


勇気のある方はご覧下さい。





生牡蠣の動く心臓部。
ヒェ~、
食べ終わっていて良かったわ~!



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!


| ・ブルターニュ | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンサンミッシェルをRUN

久し振りで家族が揃い、
カンカルブルターニュ地方
BREIZHCAFEに一泊。




引き潮で牡蠣の養殖がよく見えるわ♡




レンヌに住んでいる友達のLiちゃんが、
山程のお土産を抱えて
わざわざ会いに来てくれた。


お土産のお掃除セットが可愛くて、



彼女のお庭のバラとの花と並べて
お部屋の窓辺に置いてみた。
ボトルが可愛いでしょ~?
オーガニックなんですって。



おしゃべりで時の経つのも忘れて
気が付けば日暮れ。


Liちゃんは慌てて帰って行き、
その間ジョギングへ行っていた夫と娘と
BREIZHCAFEで牡蠣&ガレットでお夕食。


そしてお部屋へ上がって私はお風呂。




バスルームにはガラス窓が付いていて、
バスタブの中から部屋と空が見える!
部屋からバスルームの中もまる丸見え(笑)
内側にシャッターは付いてるけど。





日が暮れても潮が引いたまま。


朝起きてもまだ引き潮。
夜中に満ちたのかな?




階下のアパルトマンで朝食を食べ




急いでカンカルを後にした。





向かうはポントルソンの町。


午前10時にポントルソンの町から
10kmとハーフマラソンがスタートする。


ハーフマラソン走者の人波の中には
RUN好き娘・モモの姿がある。


この写真の中にモモはいません。


持久力0・忍耐力0・喘息持ちで
長距離走が大の苦手なママンと、
膝を痛めてドクターストップのパパは、
ハーフがスタートしてから町を歩き回って
お昼ご飯のレストランを物色。


娘の長距離好きはパパの遺伝子です。
ふたりとも心拍数が上がらない
スポーツ心臓を持っています。





翌日は
モンサンミッシェルフルマラソン


ハーフマラソンとフルマラソンには
結構日本人も参加しに来ていて、
ちょっとびっくり。


中国人の参加者も多くてびっくり。




そしてこの日、モモは22歳になった。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!




| ・ブルターニュ | 05:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人気の洋食レシピをマクロビで再現してみたけれど

つい先日のつくレポ
急遽味噌味の和食になってしまった
愛されている妻さまの洋食レシピ
ポークwithズッキーニ


娘が帰ってきているので、
豚肉をベジ肉に替えて作ってみた。


今回は抜かりなくお買い物をして
準備は完璧。


保存してあったじゃが芋ちゃんは、
暫く見ないうちに育っており(笑)、
しっかりと芽を取って皮を剥いた。




マクロビの先生に教わった通り、
野菜は基本の串切りで。




本日の主役ズッキーニは丸型。




これも串切り。




シャンピニオン・ド・パリも串切り。
(マッシュルームちゃん)




豆板醤はチリパプリカで代用。




ベジタリアンミートを使う為、
オリーブオイルを多目に振り入れた。



でもここでまたやっちゃいました。
迂闊にも、
出来上がりの写真を撮り忘れた!
アホか~~~~~。




なので、
全く違うレシピの盛り付け写真を
ここに貼り付けます。



サーディンのあれ

新鮮なサーディンが手に入らないから
鯖や鶏肉で誤魔化してきたけれど、
オイルサーディンの缶詰を見て
ピン ‼ ︎と閃いた。

これならサーディンを焼く必要も無い。
耐熱皿にトマトを敷き詰め
缶詰のオイルサーディンを乗せて、
チーズパセリパン粉を振りかけて
焼くだけ。


これが想像を絶する大成功!

すご~く美味しいのに
申し訳ないくらい簡単で、
やはり一番はサーディンなのが
よ~く分かりました。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 妻さまレシピ | 22:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【 たぐいまれなシュウマイ 】なんだそりゃ?

13区の中華街から少し外れ
イタリア広場をゴブランに向け下った所に
その店はひっそりと佇む。


Di-Choulie





店構えは至ってシンプル。
外から見るだけだと一瞬
この店、
噂通り本当に美味しいのか?

と躊躇するに違いない。

実際、
噂を聞いて試したいと言った友人も、
店の手前でかなり迷っていた。


でも店内を覗くと、



ヴィニルを細工したオブジェが壁に飾られ、
清潔そうでなかなかシック。


で、オニヴァってみた。
注)オニヴァるとは?
Let’s goを意味する仏語On y vaを日本語化したもの。




ランチコースもあるけれどアラカルトに、

Incomparable Shumai
(類稀な焼売)

だの
Inimitable Nem
(真似のし難い中華春巻)

Surprenante soupe Wonton
(驚愕の雲呑スープ)


食さずこの場を去る訳にはいかない
なんとも魅力的な名前のお料理が並ぶ。


類稀な焼売
極太米粉春雨挽肉あんかけ
海鮮野菜炒め
車海老の唐辛子入りソース炒め

とビール大瓶小瓶+茉莉花茶で
60€(一人20€)ポッキリ。


肝心のお味はと言うと、
繊細薄味かつパンチが効いており
一品ごとの量も多目。

巨大な蒸篭で出てきた焼売は
花弁のように美しく、
小籠包の如くジューシー。

癖になりそう。



類を見ないとはこの事か!!!


大勢で食べるのも楽しいけれど、
気楽に入れる雰囲気の店には
蒸篭を一人で抱える人もチラホラ。


次回は真似のし難い中華春巻に挑戦する。





ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。

明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・アジア料理 | 20:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT