fc2ブログ

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

永遠のパリジェンヌ道修行に奮闘する毎日

≫ EDIT

親馬鹿御免

もう可愛すぎて死にそう。



スミマセン。
今日の投稿はコレだけです。


ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| ・Hylton❤︎ | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★白夜体験弾丸ツアー一泊二日★

弾丸二日目のヘルシンキ

電車とトラムを乗り継いで向かった先は、
映画【かもめ食堂】で舞台となった
Ravintola KAMOME

飛行機乗り継ぎの4時間45分。
その間に
ヘルシンキ中央駅へ電車に乗って出て、
そこからトラムT1かT3に乗って
Femkanten下車。
角を曲がって少し行くとほら見えてきた。




中は映画の時と違うけれど、
雰囲気はそのままで良い感じ。

飛行機を降りると汁物を欲する私は
味噌ラーメンを注文した。


麺もスープもなかなか美味❤︎

かもめ食堂に忠実な友達は定食。


おにぎりの形は少し不恰好だし、
メニューの炊き込みご飯ではなくて
枝豆ご飯だったけれど、
全部がとても美味しかったそうだ。


初めてまともな食事にあり付き満腹。

店の雰囲気を暫し楽しんだ後、
T1に乗って駅へ向かい空港へ。

空港内のスーパーで
お目当てのお土産を買い、
ダッシュで飛行機に駆け込んだ。

持ち帰ったお土産は、


フィンランドお約束のムーミントロールと
ゲイシャチョコ。

可愛くて食べられないと言う娘が、
ただ並べて喜んでいる。




【おまけ】
白夜はフランス語直訳でNuit blanche
でもこの言葉には徹夜とか眠れない夜
の意味もあるので
Jour polaireの方が的確かも…。
それでも今回の弾丸ツアーは色んな意味で
Nuit blancheだったのでした。
あ~~~眠かった


こちらは昼夜構わず寝ているヒルトン。
本日も頭隠して尻隠さず。




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 旅行 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリ発北極圏サンタクロース村


北極圏では
夏至前後の約1ヶ月間太陽が沈まない。

スマホアプリの天気予報に表示される
日の出日の入り時間がこうなる。



一度は見たかった白夜

アラ還の友達と連れ立って、
疲れた身体に鞭を打ちつつ行って来ました。

ユーロ圏内で便利なフィンランドへ
★白夜体験弾丸ツアー 一泊2日★

あまり晴れないフィンランド、
2日間の天気予報は確認済みです。


10:30 自宅発

12:50 パリCDG空港発
エールフランスAF1070便
16:50 ヘルシンキ ヴァンタア空港着


空港では分別ゴミ箱がお出迎え
(流石エコロなお国柄)

ヴァンタア空港駅からティックリラ駅
電車移動

20:30 ティックリラ駅発


(JRマークと見間違いそうなVR)
寝台特急サンタクロースエクスプレス
IC265号(車内泊)
※空を見張る任務がある我らは
2人用コンパートメントの椅子席を購入済み


23:11


0:23


0:31


2:43


2:45


2:47


3:00

この後微睡んでいたら
隣の車両で電気系小火が発生。
煙も出始め食堂車に緊急避難をした。
そして興奮で寝そびれたまま無事
08:05 ロヴァニエミ駅着
(定刻は07:29)



クラウスおじさんの付いた列車と別れ

TAXIで
サンタクロース村




コロナ前は日本人客が多く訪れたと見え、
レストランとカタカナでも表記。
村に住む?本物のクラウスおじさんとは
クリスマスに会う約束をして別れた。

この村の緯度は限りなく北極圏に近く、

2022062000353253d.jpeg


それを表すArctic Cercle をただ、



跨ぎたくて来たサンタクロース村。

売店で購入した絵葉書に
クラウスおじさんの切手を貼って、
北極圏の郵便局から母と娘宛に投函。
❤︎北極の消印になります❤︎

受付でTAXIを呼んでもらって
ロヴァニエミ空港へ

14:15 ロヴァニエミ空港発
フィンエアAY534便
15:30 ヘルシンキヴァンタア空港着

ヴァンタア空港から
電車とトラムを乗り継ぎ
ヘルシンキ市内

トラムと電車を乗り継ぎ
ヴァンタア空港へ戻り

20:15 ヘルシンキヴァンタア空港発
フィンエアAY1581便
22:20 パリCDG空港着

00:00 自宅到着

パリからヘルシンキまで片道1899km。
ヘルシンキからロヴァニエミまで片道692km。
使った交通手段はパリのメトロを除いても、


書き出すだけで目が回るけど、
実際やっていても目が回った。
パリに戻った翌日は廃人になってました。

だけど満足度は100%。
旅に出られる元気に感謝




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

| 旅行 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリで和菓子

和菓子と言えば、
とらやさんが定番だったパリ。

映画【あん】
仏題 Les délices de Tokyo
の反響かはたまた
なぜかブリオッシュと仏人が呼ぶ、
エールフランスの機内で配られていた
【どら焼き】の好評を奏してなのか、

パリにどら焼き専門店が生まれ、
餡子が市民権を得始めたここ最近。


夢の和菓子体験をしました。


それは、
娘の誕生日を祝うために訪れた高級割烹
YUSHIN
~悠しん~




での事。


昼食の定食四種類の選択肢から

二種類の御膳を選ぶ。

出汁のきいた薄味の筑前煮
軽やかなかき揚げ

ひとつひとつが品よく繊細で
優しい西日本な味付け。
大将山下氏はそちらのご出身と推察する。

写真は撮り忘れたけど
夫とトレードした
握り盛り合わせとちらし寿司は、
どちらもお魚が新鮮で美味極まりなし。

お料理もさる事ながら、
御膳と一緒にお願いした煎茶を
態々目の前で用意して下さったのが、
和菓子職人の白石学さんだった。

彼は和菓子職人であり
お茶の専門家であり
日本酒の専門家でもあり、

作務衣をキリリと着こなす日本男子。

その身のこなしは無駄なところがなく、
惚れ惚れとする手つきでお茶を淹れる
その道の方。

煎茶も美味しゅうございました。

そしてそしてデザートに
この白石さんが生み出す
和菓子とお抹茶があるのですよ。

この日お重の中に鎮座した和菓子たちは、


アイリス

紫陽花

浮島



菖蒲か杜若

和菓子は食べる芸術作品。
フレンチパティスリーの宝石的キラキラ
とは全く違う侘び寂びの美。



黒塗りの箱から季節感が溢れ出す。


う~選べない
とその一つを選ぶのに考え込む父娘。

小豆餡がそんなに好きではなく、
求肥白餡ラブな私は
即座にアイリスを選択し、
娘は練り物の紫陽花、
悩んだ夫は粒餡の楓を選ぶ。


するとなんて事でしょう、
ハッピーバースデーを歌いながら
ロウソクを灯した三つの和菓子を
持ってきて下さったのだ。



ロウソクの炎が揺れるのは
ワサビとお茶味の浮島。
おめでたいの鯛の練り物と一緒に
娘の選んだ紫陽花に添えられていた。

目をウルウルさせて感動する娘。

気の利いたサプライズに大感謝です。

そこに白石さんが登場して、
目の前で抹茶を立てて下さる。





美味しい♡
お砂糖も菖蒲の形♡
お茶も結構なお手前で♡

日本に根っ子を持たない方達が
私等の如く心底感動するかは分からない。
でもこの芸術的な繊細美と
日本特有おもてなしの心の真髄は
感じてもらえる筈。


お値段は昼食でも確かに高級、
夜のお値段は驚く程高級だけれど、
絶対にまた行きたいお店リストの上位に
堂々加わったYUSHIN ~悠しん~。


訳あって
20歳の誕生日を一緒に祝えなかった私は、
この日この店で娘をお祝いできた事が
何よりの喜びだった。
ーーー感謝ーーー



そしてこの日、
娘のモモは25歳になった。



YUSHIN
~悠しん~


TEL 09 88 52 88 24
mail restaurant@yushin.fr
77 Rue Chauveau
92200 Neuilly ur Seine




白石学さんのInstagramはコチラ

お坊さんではありません




ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!




| ・和食 | 11:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春にうかれてバガテル公園

少し前の事になりますが、
気持ち良い天気なので行ってきました。

義母ママンさんがバラから生まれた
な訳ないけど

ブローニュの森バガテル公園
Parc de Bagatelle


入場料は一般2€50ポッキリ。


入って右手の花壇には
色とりどりのアイリスが咲き乱れ


繊細な美しさはため息もの

どうしてそんなに美しいの~❤︎

その横でバラが芳香を放ち


藤の根元にチューリップ


ひっそりと咲く可憐なオダマキは
Ancolie(Aquilegia)

色の組み合わせが何種類もある。

名残り咲きのチューリップと藤
ジャスト見頃のアイリス
気の早いバラ

いっぺんに全部の開花を見れて、
今年はちょっと得した気分。


ただ気取った彼!
思わせぶりに焦らすのなんのって、


開くの開かないのどっち~⁈

って笑っちゃうくらい焦らしてくれた。

開いたらおしり向けるし(笑)


長い事粘って粘って、
友人と前後に分かれて挟み撃ち作戦。
見事正面を捉える事が出来た一枚。



孔雀のいた牡丹の花壇は
開花まで今暫くといった感じ。
バラ園の開花はそれよりもっと先かな。


全部を回るとかなり歩くので、
202205210025307b5.jpeg

歩きやすい靴で来る事をお勧めします。



駅に向かう途中の帰り道にある、
イートインパン屋さん。

昨年通った時は違う名前のお店で、
並ぶパティスリーには目も奪われなかった。

しかし今のお店に並んでいるのは、
一個5€とお高いながらも
足を止めずにいられないパティスリー。

で止めました。

止めますよね。



手前が私のパッションフルーツのムース。
奥に苺タルト。
もう一つ写真に写っていない
3個目のパティスリーはショコラベース。

あゝおいしい♡しあわせ♡



そして、
おぞましい写真が並んだ前回とは
打って変わって、
美しい写真が並んだ今回の更新は
目の保養心の保養。

美しい物は良いですね。



ブログの訪問、ありがとうございます。
皆様の応援のお陰で、
今日も一日頑張る事が出来ました。
明日の元気の為に


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


Merci beaucoup
Encore une fois

Je vous remercie et à très bientôt!

≫ Read More

| パリの街 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT